新着Pick
253Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ギターは一生やめない。
人気 Picker
自分がやりたい仕事に就けている場合は、レジャーや趣味以上に仕事が面白いと感じている人が多いと思う。
ゲームや勝負事以上に複雑で奥が深いし、お金を得られるだけでなく世の中のためにもなれる。やりがいと動機づけのファクターが満載なのだから。

こう考えると、若い人達は今から老後の趣味探しの心配なぞしなくてもいいくらいに、自分がやりたい仕事、適職だと思える職業を探してほしいし、またその仕事に就けるよう目指してほしい。
定年後に限らず、仕事とは全く違った趣味を持つと人生にハリが出るのではないでしょうか?
日本人は「遊ぶこと」が下手で、「遊び=悪」だと考える傾向があると言われています。
仕事のことなんてすっかり頭から追い払って「遊ぶ時間」を確保することは、メンタルヘルスから見ても有益です。
それが老後の趣味につながれば言うことなしでしょう。
俺なんかすぐハマってそれ以外やらなくなるからなあ。そんな難しいんかね?
仕事が好き。だからおっちゃんは死ぬまで働くの。

元気に働けてごはんがおいしく食べられてゆっくりお風呂に入ってぐっすり寝られたら毎日が好日。

つまらんおっちゃんですみません。

・・でもピアノは弾けるようになりたいなあ。ブゾーニ/バッハのシャコンヌ弾きたいなあ。
定年後に何をしたらいいのかがわからなくなる人が増えているそうで、それを回避する為には、40歳までにたくさんの趣味を持っておくことが必要とのことです。老後の助走期間大事ですね。
この文章の内容は、企業を定年退職して、自分の意思とは無関係に仕事を離れることになったような人にしか当てはまらないのではないでしょうか?
仕事より面白い趣味というのは中々ないと思いますし、とことん打ち込んだ趣味で極めて高いレベルに到達すれば、必ず周りが放っておかないので、その趣味は必ず仕事とリンクしてくると思います。
カネのために働くのを「仕事」、カネ以外のために働くのを「趣味」と言うのであれば、老後の人生は趣味を追求した方が良いと思いますが、人生をかけて没頭できるものを「仕事」と定義するなら、仕事以上に面白いものはないし、一生仕事を続けていけるのが一番ハッピーだと思います。
仕事が好きで一生し続けたいなら、起業するしかない。サラリーマンにはいずれ定年が来る。その日のことを考えて、趣味を育てておくと人生が豊かになる。

選ぶポイントとしては、あまりお金をかけず、仕事と接点のない交友ができるものがいいでしょう。
ここに書かれている内容、最もだと思います。助走なしに趣味にするのはかなり難しい。40代くらいのには見つけたいものですね。
老後だとか引退後だとか年齢関係なく興味を持ち、没頭してしまうのが本当の趣味なんですけどね。無理やり見つけることって本末転倒に思えますが。
きっと今の介護と10年後の介護のあり方は変わってくるでしょうね。
今の60代、70代はなんせ元気ですからね。