新着Pick
278Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
UIが微妙に使いづらいんだよな…。
人気 Picker
残念ながらもうアジアの一部地域でしか無理でしょう。
下記記事のグラフを見たら差は歴然。

http://www.economist.com/news/business-and-finance/21696477-market-apps-maturing-now-one-text-based-services-or-chatbots-looks-poised
韓国ではぬいぐるみが大人気だったり笑
アジアでは受けの良いLINEも中東・アラブでは受けない。
アニメチックなスタンプは子供っぽいと思われるから、アラブでは若者から大人までスタンプは使わない。せいぜい顔文字かエモーションアイコンで、基本はテキストと動画。

電話番号がコンタクトIDを兼ねるWhatsappはスマホにインストールするだけですぐ友達とやりとりが出来る。FBメッセンジャーも実名が基本でプロフィール確認が容易。
そういう意味ではLINEはリアルよりもヴァーチャルに寄り過ぎ。
ローカライズしていくという考え方は、痒いとこまで手がとどく日本企業らしさが出てとても良いと思う。最近、色々とネガティブな話題もありますが、日本を代表するサービスとして頑張って欲しい。
韓国ではカカオトークが人気ですが、韓国のカカオフレンズショップでは、ぬいぐるみはもちろん、マグカップからクッション、さらには高級アクセサリーまで、キャラクターのグッズ展開が非常に豊富でした。また、一定額以上買うと、MUZI (うさぎのキャラクター)の風船がもらえました(http://s.ameblo.jp/apollo-tm/entry-12112137707.html?frm=theme)。
また、カカオトークのアプリでは、連携するショッピングサイト『Qoo10』のお得情報を受け取るようにすると、無料でキャラクターの動くスタンプがもらえたりします。

原宿のLINE FRIENDS STOREも早く行ってみたい。
全世界に一気に攻めるには競合も強く、LINEで無ければいけない理由はない状況。勝てる国で確実にシェアを高め、圧倒的一番になるのは重要ですね。
コミュニケーションアプリはWinner takes allの世界. 各国の市場シェアナンバーワンだけが果実をもぎ取れる厳しい競争で、LINEはどこまで領地を広げられるのか。“白紙部分”はせばまっている。
日本のスタートアップでグローバルに勝つ会社はなかなか出てこない。メルカリに期待。
カカオトークが席巻する韓国の子会社が、日本からアジアのプラットフォーム化を狙う。他の日本企業はその心意気に注目するのがいいと思う。
シンガポールでも日本で提供されてるスタンプダウンロードできるようにしてほしい!(スタンプてgeoで違ってて、シンガポールみたいに、ラインシェア低い国は全然スタンプない)

業績