新着Pick
232Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もともと味の素さんにとってネスレは、昔からアミノ酸をグローバルに購入するB2Bの顧客だ。
21世紀は、20世紀の業界の垣根や一部カテゴリーの競合関係を超えた協働が増えるだろう。
ネスレは、生後1000日の栄養ビジネスは世界で圧倒的地位を固めた。世界の国々が今後100年のスパンで高齢化していく。日本は、高齢化社会の栄養ビジネスの実験場だ。
へー、これは面白い。
一見競合関係にある会社同士でも、広い視点で市場を定義し直すと実はパートナーとして動いた方がお互いメリットがあるはず、という話はよくありますが、実際にこうやって提携が実現するのは興味深い。
日本の国内市場だけ見てると成熟市場だし、そこでのシェア争いばかりに意識がある行きがちですが、グローバルで見たら提携とか合併とか早期に選択をしていかないと手遅れになるというのは、ノートパソコンとかテレビとか家電業界において嫌というほど思い知らされたので、日本企業のこういう動きがもっと増えることを密かに応援したいと思います。
ワーオ!って感じ。巨大企業同士のタッグ完成。
どこまでも可能性を求めている良いイメージが見えます。今後の展開に興味を持ちながら期待大ですね。
高齢化が進む日本で「栄養剤・流動食」は確かに市場規模が伸びそうですね。味の素のアミノ酸のR&Dが世界一レベルということで、商品開発力にも期待を寄せているのでしょう。
今、中国では元々販路を握っていた企業が苦戦しているし、むしろ味の素は、ネスレの各リージョンの生活者の嗜好等のマーケティング力が欲しいはず。
コーヒーでは競合関係にある両社が医療分野で提携。世界で戦うには必要な戦略に感じる。
昔から繋がってたのですね!知らなかった。

業績

味の素株式会社(あじのもと、英語: Ajinomoto Co., Inc.)は、日本の食品企業。「味の素」は、同社が製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料で、同社の登録商標(登録番号第34220号他)。 ウィキペディア
時価総額
1.02 兆円

業績