新着Pick
238Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
シンガポールでのシェアリングエコノミーを活用した実生活を特集にしました。明日朝から第1回が始まります。シンガポールに加えて、香港、マレーシア、ベトナム、タイでの経験も含みます。

日本でも知られているAirbnb、Uberはもちろんのこと、日本には進出していないGrab(ライドシェア)、GoGoVan(配送シェア)、Carousell(フリマ)というアプリ/サービスを取りあげました。

「利用者目線、ときどきアナリスト」的な視点でのレポ。Airbnbは3物件で合計13泊。ライドシェアはほぼ日常使い、GoGoVanは家が決まってから家財道具を運搬するために利用。Carousellも中古家具を一般の人から購入するために利用。

なるほどと思わせる便利さあり、一方で、トラブルもあり、という珍道中的な要素も。

最終回は日本のシェアリングエコノミーの今後について考えます。日本でのシェアリングエコノミーの導入は、まだ初期段階であり、東南アジアの方が圧倒的に利用されている状況です。ただ、簡単に日本もどんどん入れよ、というつもりはありません。実体験に基づき、日本の特性なども考えながら、結論を述べたいと思います。

予告編を含め計7回の記事となります。是非、最後までお読み下さい。

追記:シンガポールのタクシーの話題が出ていますが、私も同意です。コンフォートは良いですよね。「グラブ」がなぜマレーシアで創業されたのか。シンガポールでは創業される余地はなかったと思います(後の回で触れます)。また、シェアリングと既存サービスは国により使い分けるシーンが別れ、使う側も様々です。皆さんコメントを読んで書きたいことはあるのですが、最終回の価値がなくなってしまうので、この辺にしておきます。
物価の高いシンガポールで、ほとんど唯一日本よりも安いものが、交通費。
バスや地下鉄はどこまで乗っても100円くらいだし、タクシーも30分乗って2,000円程度(シンガポールでは30分あればどこでもいける。)大体、10分程度の乗車であれば、500円くらいの感覚。
だから、タクシーが生活に根付いていて、ほぼ毎日乗ってしまう。

そのような事情があるので、特に交通においてはシェアリングサービスが超日常化しており、もはやUBERやグラブがない生活なんて考えられない。

ちなみに、タクシーにおける主要サービスは3つある。現地人はシーンによって下記のように使い分けてる。

・UBER→専用のドライバーを囲っている。特定のタクシー会社に所属しておらず、メーターなども車内にない。見た目は非タクシー。そのため料金計算や決済はアプリ上で行われる。

・Grab(グラブ)→多数のタクシー会社(法人、個人含む)と提携しており、どの会社が来るかは未定。いわゆるタクシーが来るので、メーターを使ってくれて、現金で支払いが基本。領収書とかもらいたい場合はグラブがベター。
とにかく台数が多いので、たぶんシンガポールやアジア圏では一番利用されている。タイとかはグラブばっかり。

・コンフォート→コンフォートタクシーという会社が運営するアプリ。日本で言うと、日本交通みたいなアプリ。手数料などは一番高いが、信頼性も一番高い。UBERやグラブは予約しておいても、他のお客さん見つけるとすぐキャンセルしてくるが、コンフォートは会社ブランドの毀損につながるので、絶対やらない。朝4時の空港行きのタクシーなどはキャンセルされたらまずいので、コンフォートという人が多い。
あらためて本特集、必見です。(リアルで面白いし)

シェアリングエコノミー先進国ではローカル系も頑張っているとか。
(中国もそうですね)

”グローバル系シェアリングエコノミーVSローカル系シェアリングエコノミーVS既存企業」、という三つ巴” 納得感あります。

続いてのAirbnb体験記、めっちゃ面白いし注目してます。是非読んで!
また面白そうな連載が。川端さんは勝手に赴任日本にいるべきでないと考えていたので予想通り。

因みに自分はUBERは使わずGRAB派。領収書もらえてタイでも使い勝手が良いので。早朝フライトでもGRABで困ったことはない。

民泊はAirbnb一択。シンガポールではルームシェア目的だったり会社が借りた部屋がたまたま広かったりで、3LDKなどに住んでるインベストメントバンカー、弁護士、コンサルタント、などに当たり、皆フレンドリーでとても良いホストだった。

日本では最近日本交通のサービスが圧倒的だと感じるが、すぐ捕まるのでアプリは使ってない。

可能ならiCarsclubのレポートも欲しい…。免許取るのに時間かかるか。
gogoVANとか日本では赤帽がやったら面白そう
川端さんの面白そうな連載が始まりますね。東南アジアらしさが出たサービスに興味ありです。東南アジアで事業展開している人は、今時のユーザーの価値観を理解する一助となりそうですね。
せっかくなんで誰か中国もやったらいいのではないでしょうか?(編集部さーんいかがですか?)
日本も既存企業や新規企業がローカル系シェアリングエコノミーに進出していくべきなんでしょうね。
東南アジアはどこにいってもタクシーはほとんど使わなくなった。Uberの方が安いし、車も綺麗で遠回りしないからタクシー使う理由がない。
やばい、このシリーズ面白い。香港や上海では朝晩ピーク時にタクシーはまずつかまらないから、もはやuberなしでは、仕事できる気がしない。