新着Pick
718Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
亀山さんが、コメントで英会話では利益を取らない宣言してる。。。
これは他の2社はたまったものではないでしょうね。
こういう、別の収益源を持つモデルとはいくら戦っても、消耗戦になるだけ。価格以外の差別化軸を作らない限り、他社は行き詰りそうですね
【追記】
ずっとコメント2位だったのが、記事が総合トップになってコメント4位になっていて何事かと思ったら、記事の3社のトップが揃い踏みしてる!!!すごいことだ
人気 Picker
ウチの強みと思えるは、DMM英会話単独で採算を取る必要がないということ。だから儲けというより、世界一のサービスとシェアを目指している。

英会話事業は規模拡大に伴って人件費も増えるので、将来においてもなかなか利益を取りにくい事業。でも、世界中で採用された現地スタッフが、DMMグローバル展開の人材として一翼を担ってくれる可能性は高い。

信頼できる社員さえ世界にいればビジネスは広がる。だから利益は広がった他で稼ぐよ〜!
英語で話す機会を大量に供給するというフェーズから、いかに英語学習効果を最大化させて英語を話せるようにするか、というフェーズにうつってきています。先日、ビジネス英会話コース(9800円/月)をリリースしましたが、試していただければ、脳みそに汗を書くような英語学習効果を感じていただけるのではないかと思います。

https://www.rarejob.com/experiences/course/business/
レアジョブさんやDMM英会話さんと比較して頂いたのがキュウ急便だったので自分の会社ながら変な感じがします。
QQEnglishの強みは教師750人を全員正社員にして外国人に英語を教える国際的な資格TESOLを取らせている事です。あまり知名度はありませんがプロの教師がオンラインで教えているので教育関係から高い評価を頂いています。中学校や高等学校の英語の授業をフィリピンからオンラインで行い、大学では単位認定プログラムもやっているんですよ。最近は英語の4技能が言われスピーキングが重要視されているので倍々で需要が伸びています。

実はセブ島でフィリピン留学もやっています。日本人が一番初めに作った本格的な英会話学校がQQEnglishなんです。今まではオンラインで学んでいた生徒さんが来ていたのですが最近は大学生だけでなく中・高の学生さんも多く訪れるようになってきました。フィリピン英語のイメージが変わってきたな~と思っています。
グーグルやFacebookがやってこないニッチ分野でスモールIPOしてる会社の事業をDMMはコピれば最強だね。上場すると事業の肝の部分が丸裸になるからね。VCのキャピタルゲイン狙いの下らないスモールIPOの阻止になっていいね。DMM
レアジョブとDMM英会話は知っていたが、QQイングリッシュは知らなかった。キュウ急便が英会話事業に進出していたのか。

私もDMM英会話を使ったことあるが、講師はネイティヴでもダメな人はダメ。カバーできるトピック、年齢や性別などによる相性など、人によって合う講師は分かれる。いかにカバレッジをあげるか。また、この種のオンライン英会話は受講者側が主体性を持ち、何を学ぶかを1回1回の講義ごとに考えて臨まないと、講師とのおしゃべりに付き合わされるだけになる。フレンドリーな講師とのおしゃべりできたことで学んだ気にはなるが、英会話上達には役立たないことも多い。英会話上達には、楽しく会話するだけでなく、基本的な文法やつまらないかもしれない反復練習や暗記などもあるので、第三者の目が入りにくいオンライン英会話において、どこまで実際の英会話力向上に適したサービスにするかが勝負だろう。
DMM亀山さんのコメント、確かに注目ですね。
1月にひっそりと1000円値上げし、、、(それでもとても安価ですが)、一気に売上積み増し、うらやましい。と思ってました。。。実情気になる。

一方、群雄割拠なのは確か。参入障壁が低めなので最近新たなサービスをよく耳にします。
サービス提供側は先生の雇用形態も含め需給バランスを見極め予約率変動と質の担保に弾力性がもてるか勝負。スピーキングの機会が圧倒的に少ない日本ではオンライン英会話と公教育のタッグは必須。資本力勝負かな。

ユーザー側は、自分のレベルと目的を見定め、サービスの使い分けと講座内容選びができるか。

【追記】
DMMもレアジョブもQQも使ったことがあるので3トップのコメント、めっちゃあがります。NPすごい。QQはあの形態だったら正社員だよねーって感じです。他の方のコメントにもありますが継続的にほぼ毎日話す機会があるのはありがたいです。
<追記>QQEnglishのFujiokaさんのコメントで驚いた。全員正社員、それ以上に全員TESOL保有というのはすごい…もちろん資格持っている中でも品質に差はあるだろうし、資格を持っていなくても良い先生もいるだろうが、品質担保という観点ではしっかりした取り組みだと思う。<追記終>

占部さんに同意。利益を狙わないプレイヤーがいることほど、競合として怖いことはない…経営的には、最後に残存者利益を取りに行くのではとも思うが。その勝負を仕掛けられるかは財務体力や他事業があるか。それをうまくつかえるところ(と内部でちゃんと撤退判断ができる内部市場機能がワークしていること)はコングロである価値がある。MSのIEなんて、体力勝負(とバンドリングの強み)で競合をつぶした最たる例。
レアジョブがこんなに話題になっている!!個人的にはシェアオフィスの時代に入って早6年なのでここまで話題になるということ自体が感慨深いです。

現場の感想としては、まず本当の意味で”群雄割拠”の時代は一旦終了したと感じています。数年前はGrouponよろしく100社くらいがひしめき合う中でどこが抜けるか、という時代でした。その中で主にレッスンの量を担保しながら、しっかりマーケティングができるというフェーズから、レッスンの質、つまりは本当に英語を話せるようになるプロダクトを作っていくフェーズにきていると思います。

また、なぜ勝ち抜けることができたかという点では、やはり”優秀な人を採用”し、彼らが”活躍できる場”を作り続けることができたことがシンプルですが最大の今がある要因だと思います。ぜひぜひオンライン英会話の次のフェーズ、第2章をやってみたい方はご連絡くださいw

あと、個人的には入社後に年100回くらい受けて今では英語で仕事ができるようになりました。何人か書かれている方もいますが、まずは諦めずに”続けてみる”ということが、最初の数ヶ月は苦しいけど一番大事だと思います。そして各社それができる価格帯を作り上げたことが本当に革新的なことだと思います。では第2章にて☆
亀山さんのコメントの「…稼ぐよ~♪」で満足していたら、レアジョブさんやキュウ急便さんまで!NPって凄いですね。ありがたくコメント拝読させて頂きました。
各社の思いや強みが大変よく伝わりました。

「受講者数人が集まって成果を発表したり勉強の方法を学び合ったりする場も提供し始めた。オンラインだけではできない教育プログラムも提供して差別化していく。」➡オンライン教育ではあるものの、リアルも欲する。確かによく分かります。

「15年6月には佐賀県上峰町の小学6年生向けにマンツーマン授業を導入しており、自治体との連携も増やしていきたい」
➡小学校や中学校、高校など教育機関との連係は子供を持つ親としては嬉しいです。期待しています!
株式会社レアジョブは、東京都渋谷区に本社を置くオンライン英会話サービス事業を行う企業。 ウィキペディア
時価総額
227 億円

業績

合同会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム、英語: DMM.com LLC)は、ECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業。 ウィキペディア