新着Pick
1071Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(追記)
取材で聞いた数字ですが、ATM一台あたりの投資額は200万円(前は250万円だったがコストダウン進んだ)。耐用年数は7年ぐらい。台当たりの平均月額手数料収入が45万円。そこから賃料などの経費が除かれ、だいたい1年ぐらいで投資回収という計算だそうです。ただここにはATMに詰まっている現金は投下資本に含まれていないんで実際はもっと長いと思われる。
------------------------------------------------------

私もセブン銀行は素晴らしいと思っています。地銀なんかは自前のATMの運営をやめて、セブン銀行に外部委託した方がいい(通帳という亡霊が邪魔している)。

ただこのビジネスモデルは超低金利の日本でしか儲からない。セブン銀行は普通の銀行のように融資や債券投資で資金を運用するのではなく、ATMに投資して、その手数料で稼ぐモデルです。ATMは現金の塊なので金利が高くなっていけば、手数料を改定しないと利鞘がどんどん縮小してしまいます。預金金利がほぼゼロの日本では成り立ちますが、金利の高い例えばインドネシアではATMネットワークだけでは投資回収は難しいと思われます。
不勉強にも、売上金入金サービスを知らなかった。セブン銀行自体は使っているが、あくまでもtoC部分。自分が使っているからこそ、知らない部分がないかちゃんと意識しないと…
ATMは、出金だけの機能のほうが安く作れる。それは偽札かを識別しなくていいし、投入されたものを再利用できるような紙幣周りの構造は複雑で、それをやらなくていいため。それでもこのサービスをやるということは、ATMのコスト以上に、ALSOK使ってお金を入れるコストなど含めてこちらのほうがメリットがあるということだったのだろう。
http://www.sevenbank.co.jp/business/service_deposit/
現金使用が少なくなると成り立たなくなるけど現金信仰の強い日本では当分強いままだろう
銀行の企画部に在籍していた時代に構想を示されて協力依頼がありました。守秘義務があって核心は書けませんが、銀行としてはこんなのうまくいくはずがないとか、銀行業務を知らないんじゃないの、なんていうのが本音ながら、お付き合いだけはしときましょうという冷淡な感じでした。イーネットとの競合もありました。元日銀の安斎さんがヘッドでご苦労されておられました。
難しいだろうけど、世界中のセブンイレブンで同じように取引できるようになったら、海外居住者としては有り難すぎる。
全く気付かなかった仕組み。セブンイレブン自体の店舗売上の入金から始まり、店舗売上なども含めて、「売上金入金サービス」を提供。これによって全体の資金管理だけでなく、セブンイレブン内のATMの入金も月一回で済むそう、かつこれが資金調達コストの大幅な低減に。素晴らしいビジネスモデル。これこそメイン事業から派生する新規ビジネスの形。
セブン銀行は、顧客・セブンイレブンオーナー・既存の銀行にとってメリットがある。
また、売上金入金代行サービスがあるから、金利が上昇しても業績への影響は軽微。(入金額が少なくなるリスクはあり)
かつてはうちのPFも組み入れられてたなぁ。。。
知らないことが多くありましたが、素晴らしいビジネスモデルになってる。理想的。法人から入金で個人が出金。
セブンイレブンのATMについては様々な記事を読んできたが、売上入金代行サービスという紙幣の調達コストを抑えるモデルが土台になっていた事は初めて知った。
これこそWin-Win-Winのビジネスモデル。
ATMそこまでいらないような気もするんですよね。現金使う事も減って来ているので。
株式会社セブン銀行(セブンぎんこう、英称:Seven Bank, Ltd.)は、大手流通企業グループ「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の日本の銀行。コンビニATM事業最大手である。旧商号は株式会社アイワイバンク銀行。 ウィキペディア
時価総額
3,089 億円

業績

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.12 兆円

業績

株式会社イトーヨーカ堂(イトーヨーカどう、英称:Ito-Yokado Co., Ltd.)は、関東地方を中心に20都道府県に店舗をもつゼネラルマーチャンダイズストア (GMS) 「イトーヨーカドー」を運営する会社。セブン&アイ・ホールディングスの子会社であり中核企業である。 ウィキペディア