新着Pick
290Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
パプティクスをキーボードにも採用するのか。触ってみたいね。
人気 Picker
Mac Bookの薄っぺらいキーボードは、正直打ちにくいです。
私が原始的なのかもしれませんが(笑)、やはり少しは厚みのあるキーの方が打ちやすいと感じます。

一般的にも、シンクバッドやレッツノートが打ちやすいと言われているので、私と同じ感覚を持つ人は少なくないのではないでしょうか?
これはイケそうな文章に見えますが、考慮されていない点があります。
我々がキーボードで入力するときに、触覚を二つの用途で利用しています。ここで語られているのは、「入力した」ことを把握するためのクリック感についてです。これは多分問題なく実現できます。
もう一つの用途は、「どこにキーがあるか?」を知るための、入力前にキーのエッジを知覚する部分です。これがないと、ブラインドで手をホームポジションに置いておけないのです。フラットなキーボードでは、この部分が実現できません。
専用のフラットなキーボードの表面に、微小な凹凸をつけておくことは可能だと思います。ただ、iPadのようなタッチパネルでは、キー配列が動的に変化するので(そこが物理キーボードにはないメリットなので)、予めパターンをつけておくのはちょっと無いかなぁと思います。
とは言え、フォースタッチ技術の前は、手をスクリーンから浮かせておかなければならず、もう一歩大変だったわけで、まだイノベーションはあるとは思います。
「ゼロトラベル入力とは、ユーザーが押したときに動く物理的メカニズムを持たないもので、たとえばタッチスクリーンがそれに当たる」となるとますますインターフェースのデザインは繊細に、シンプルになっていくような。「ぼちっ」「カチャッ」ではなくて「すぃぃ〜」「しゅわぁ〜」みたいな。
紙のようなキーボードを触覚技術で実現してくれて、入力の感触とスピード感がPCと同等になれば、ぼくもようやくタブレットに全面移行します。
Appleのキーボードに慣れると、普通のキーボードは押す時のストロークが深すぎて打ちにくい。とはいえ、iPadは、自分の指がどこのキーの上にあるのかわからず、使えなかった。iPadの入力よりはiPhoneの方がはるかに早いくらい。やはり凸凹は大切な気がする。
5感のなかで一番応用が遅れてるのが触覚ですからね。難しいですが掘り甲斐がありますね。
キーボードの形のままの改善は限界があるので、きっとそれを壊すようなアイデアが出てくれば、完全なスマホ・タブレット時代に完全移行が実現される。そのためにこの辺りの周辺技術動向は要注目。
その前に日本語の漢字変換を何とかしてもらわんと・・・MBAからSurfaceに乗り換えようかと思っている私。
スマホ、タブレットが普及してることもありますが、個人的にもキーボードは近い将来なくなると思ってます。
ハプティクスの分野けっこう進んでるし
これは目から鱗だった。iPadの画面Keyboadのうちにくさは周知の事実。だがアップルは同じことしないだろう。『まぁ中々いいんじゃない』、いつか『スタイリッシュでいいね』に変わるだろう。コンセントのない充電とともにデバイスを変えると思う
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
105 兆円

業績