新着Pick
283Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
JALの早期の再上場に関して問題だと思っていた事にちゃんとケジメをつけている。流石だ。競争を歪めることになったのはその通りだからだ。会社がフィクションであるという事はほんと、義務教育で教えるくらい大事な事。これによって人生そのものを無駄にしてる人が如何に多いか。
生き残らせるべきなのは、その意味がある事業であって、会社ではないというのは、冨山さんも僕も同じように考えています。日本人は会社を家、社員を家族にたとえることが多く、経営者は「うちの会社」と平気で言いますが、会社はあなたのものではなく、株主のものであり社会のものです。また、官民ファンドの存在が資源配分を歪めているのもその通りであり、僕も繰り返し警告をだしてきました。民間でできるものは民間でやるべきです。
いつもながら盛りだくさんの内容だが、冨山さんがいつも述べる、「会社=リーガルフィクション」説について。
結論から言うと、個別の指摘については、正にその通りと思うのですが、言い切りすぎかな、というように感じています。
基本は「事業」であって「カイシャ」を無意味に延命させることには意味がないということ、事業単位でその事業の潜在力をもっとも活かせる先に売却されるということは、冨山さんの言い方では「集団転職」であり、合理的なことと思います。また、大企業を中心にこれまた彼の言葉で「カイシャ幕藩体制」ともいうべきタテ社会が構成されそれが活力を削いだり制度疲労を起こしていることも全くその通りと感じます。
それでもなお、「カイシャ」という実態のないモノに、愛着とロイヤリティを持つ日本の特性自体は使い方によっては強みにつながりうるわけだし、それを「本来おかしい」とべき論で否定するよりは(もちろんその弊害はしっかりと認識したうえで)活用する方向で考えられないのかな、という気はします
今日もとても共感する内容。日本人は「カイシャ」という実態のないものに寄りかかりすぎという指摘はその通りかもしれません。見方を変えれば、カイシャに高いロイヤリティを持たせる仕組みを作り上げて来た日本企業は偉大だなとも感じます。もう1つ、日本人が「カイシャ」に寄りかかり過ぎてしまうのは、所属しているコミュニティが少ないのも影響している気がします。地域社会、趣味など、依存するコミュニティが分散している人ほど、カイシャへの依存度が小さいように見えます。最近、定年退職した方々とお話し、そう感じる事が多くありました。
「労働者から見ても会社にすがりつきたい大企業正社員しか守っていないのが実態」とのご指摘。そんな気がしますね。
"どれだけ伝統ある企業でも、事業がロクでもなく、トップが粉飾に手を染め、給料の安さに働く人たちが悲鳴をあげているような会社は「クソ食らえ!」と思う。"

なんでこんな企業が出てきてしまうんでしょうか?

「コンプライアンスを破らなければ継続できないような事業ならば廃止するべきである」

前の会社のトップが言ってた言葉です。
でも、現場までそれが浸透していたかというと、そこまで浸透していませんでした。

建前と本音を使い分けるのではなく、本音でこういうことを語り合うことができる会社であるべきだと思いました。
コメント欄含めて「カイシャ」論が興味深い。自分は占部さんの考え方に近い。前提として、会社・事業売却は悪いことだとは思っておらず、冨山さんが書かれているように「幸福になる人のほうが多かったらそれでいい」と思っている。競争力があるうち、できる限り早いうちに、集約をして、かつたすき掛け人事ではなく結果を出すことに集中することのほうが、雇用や職場の雰囲気含めて幸福になる人が多いと思う。
そのうえで、「法人」という「法の元でのフィクション」について。フィクションというか、仮想的な存在であるからこそ、寿命がない。だからこそ、ゴーイング・コンサーン、継続企業の前提が作れる。「法人」は「人」という漢字があり、人をアナロジーに考えていくと、事業は人間の能力、成果は出してきた結果ともいえる。そして企業文化は価値観・考え方。
価値観・考え方は、宗教にも通じるものだし、個人的には企業も一種の宗教だと思っている。過度となるリスクもあるが、思いが強い会社のほうが成長したり結果が出ているし、それらの企業に創業経営者や中興の祖がいるのは、宗教の教祖をイメージすれば驚きはないだろう。
平時において真っ当な競争以外で他人を害さない範囲であれば、個人も企業も幸せになり、かつ世代を超えて普遍的に勝ちを与えていくために、企業の「宗教的要素」は重要だと思う。また、盲目的に信じれば、例えば企業の危機において「宗教」は害になるだろう。ただ、そのなかでも「健全に利益を出しながらステークホルダーの利益に資する」範囲の要素に絞れば、お客様の顔を思い出したりするのは、修羅場の数少ない支えにもなると、個人的には思う。
倒産を止めることは悪というのは正しいと思いますが、経済全体のパイが大小あれども膨らんでいっている、つまり経済成長しているという前提が必要かと。この前提を無視して倒産を放置するのはいわゆる清算主義で、ここでいう代替的な雇用が確保できずに失業者が大量に増加するだけという結果になるであろう点には注意したほうが良いでしょう。
日本の伝統だと思ってる事が実はホンの短い間だった、というのは終身雇用に限らずたくさんある。オーナーが外資系でもイイじゃないですか。良質な雇用を生んでいきましょう。
経営の本質とは、短期も長期も、きちんと利益を上げ続けること。それに尽きる。何故なら、それが人々の、従業員の、社会の幸せに繋がるから。至極当たり前だけど、その為にリストラや事業売却、事業清算をしなければならなくなるとき、本当にそう思って即断できる人は決して多くない。
私の尊敬する経営者の言葉です。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。

業績