新着Pick
370Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
色々考えさせられる記事。個人的には、会社だろうがどんな組織だろうが、人が複数絡む限りは「場」だと思う。その「場」には一定のルールも価値観もあり、それゆえに誰にとっても良いものではない。ただそのルール・価値観のうえで、公平に機会があり、結果が正しく評価されるかによって、場の活性度が変わると思う。そしてその場が活性するかが、関係する様々な人に「良い形」で成長していけるかに影響する。それは社員だけでなく取引先・顧客など、全てにつながる話。
記事の最後に、次の社長がご子息の予定で株も渡してあり、「身の丈にあった経営をしろ」と伝えているとある。個人的に気になったのは、正しく評価をすることが重要と述べられている中で、ご子息がその結果として最適だったのかという点。確率論としては、ご子息が最適という可能性は低い。
5つの企業理念は保存しておきたい。
どの事業でも通用する本質だと思いました。

1.会社の目的は永遠に存続すること。いかなる時代環境に於いても利益を出せる仕組みを確立すること

2.健全な成長を続けることにより社会貢献し、利益の還元と循環を図る

3.働く社員にとって良い会社を目指し、会社が良くなると社員が良くなり、社員が良くなると会社が良くなる仕組みづくり

4.顧客の創造なくして企業の発展はない。生活提案型企業としての市場を創造する

5.常に高い志を持ち、常に未完成であることを認識し、革新成長する生命力に満ちた組織体をつくる
人事評価の公正と透明性は、会社と従業員にとって解決できない永遠の課題だと思います。
大山社長はそれを承知でできる限りのことをやっており、とても好感が持てます。

「公正な評価など地震予知と同じようにありえないのだ」という前提に立っている方が、ある意味精神的には楽かもしれません。
「不当に扱われた」ら、その分「余分に厚遇される」時が来るかもしれません。
福禍はあざなえる縄のごとし・・・不運があれば幸運がやってきます。
「株主にとっていい会社」を考えていない点で、株式会社としてどうなのかと言う批判もできなくもないが、常に社員の目線や社員が住む地域の目線に立っていて、素晴らしい考え方だと思う。現場の評価まではわかりませんが。
大山社長とは何度か対談の機会を頂いたことがある。その度に感じたのは、数字に対する冷徹性。それは周りの人を凍りつかせるほどの迫力がある。とにかくマネーファースト。儲けなくして、一切の綺麗事は存在しないとはっきり語るその姿勢に、社会や人に対する愛を感じたなー。そんな強い経営者になりたいといつも思う。
これは良記事!
保存する価値あります。
伸びている会社、昔からある会社のウラを知れば納得する答えがありますね。
人が人を評価するにあたって、正しい評価というのは幻想でしかない。だから大切になるのは社員の納得感なのだろうし、納得感を得やすい評価制度が良い制度だと思っている。
「全員が納得する人事」などあり得ない。それを承知で努力されているんだと思う。普通の人があり得ないと諦めるところを突き詰めて考える。すごいと思います。
アイリスオーヤマ株式会社(英語: IRISOHYAMA INC.)は、宮城県仙台市青葉区に本社をおく、生活用品の企画、製造、販売会社である。2000年代からは家電事業に力を入れ、2012年からは他の大手家電メーカーでリストラにあった優秀な技術者を大量に採用し加速させた。 ウィキペディア