新着Pick
849Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
10回連載の最終回は、個人の生き方について書きました

『智に働けば角が立つ、情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。』は漱石の草枕ですが、今の世でもこれは変わっていないですよね

タイムラインには、ポジショントーク、良い話、悲しいニュースばかりが並び、自分の現実に照らし合せると疲弊したり、経営なんてしているとそれこそ憂鬱な出来事にまみれていくわけです

ただ、インターネットは失敗のコストを下げるという偉大な側面を持っています
1人の失敗は、社会全体からみればチリみたいなものですけど、その1人の人生が生み出せる失敗の量も増やしてくれているわけです
我々に求められることは、この大量の失敗といかに明るく向き合っていくか?という事じゃないかと思うんです

テクノロジーによって、大きな夢を描き、世界や社会の問題と格闘することが、ある意味誰にでも可能になってきているわけですから、あとはそのテーマで100回、1000回、10000回という失敗をしても次の一歩を最初の1回目の挑戦と同じくらい明るく元気に踏み出せるか?という事じゃないかと考えています
暗くやるよりは明るく挑戦した方がうまくいく可能性幾分かは高いはずですからね

ちなみに草枕は、
『人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。』
と続きます

ハッカーは、新しい時代の詩人であり、画家じゃないかと思っています
長きにわたり、ご愛読頂きまして本当にありがとうございました!
以下の言葉が響きました。思考のスケールが、行動のスケールを規定し、人間のスケールを決めてしまう。日々、そう痛感します。

「お前は悩みが小さいな。小さいことで悩んでいると自分が小さくなる。もっと大きなことで悩め。自分のことより、チームのこと、チームのことより会社のこと、会社のことより業界のこと、業界のことより国のこと、国のことより世界のことで悩め。世のため人のために真剣に悩んでいれば、そんなつまらない自分の悩みなんてものは、どうでもよくなるぞ」
こういう文章って本当にその人の考えや価値観が丸裸になる。その意味で毎回語られた色々なテーマについてももそうですが、それ以上に須藤さんという個人の好奇心や哲学を理解できたのが面白かったです。節目節目で古典を引き合いに出してくるところに教養の深さや抽象思考の好きさというのがよく分かりました。また自分の強みも弱みも晒せるある意味の「強さ」や、「みんなで」ということへの重きの置き方なども自然に、そして本心からやっているという感じもしました。またお話し聞かせてください!
全10回の連載、とってもとっても面白かったです。
---
1:経営者は、想像以上に会社をコントロールできない
2:意思決定よりも曖昧さに耐える時間のほうが長い
3:現実を観ながら理想を追求し続ける難しさ
4:経営者が1人で考えるよりも、メンバー全員が10%ずつ会社のことを考えるほうが強い
5:経営者は顧客やメンバー、投資家など事業に関わってくれる全員と対峙できるだけの努力と思考が必要
---
どれも本当にその通りだなぁと。理想の葬式の話は先日ランチをご一緒した際も仰っていたけれど、リクルートで最年少執行役員になり、その座を捨てて起業されてたくさんの苦悩と失敗をくぐり抜けてこられたスドケンさんだからこそ、とてつもなく説得力がある。

『ハッカーと画家』を改めて読み直してみよう、と思いました。
全10回とも素晴らしい内容でした!ありがとうございました!読まれていない方は必読です!

「ハッカー・ウェイ」にあるシステムとシステムの狭間を狙うのは大事な考え方だと思います。私は「メタ認知」が大事だと思っています。自分や自分がいる組織を、遠くから俯瞰して見つめられるかということですが、それができると、自分や自分がいる組織とその他の組織との隙間が見えてきて、そこに機会があったり、自分の組織の問題が浮かんで見えてきたりします。
子どもが成長していく中でも、メタ認知力をつけていくことは重要です。
こういう考え方ができるようになると、サステナブルに成長していけると信じています。
あー、面白かった!
小さく悩むな、大きく悩め。
これは僕も20代の時にある先輩から言われて、
ガーン(T_T)
と目からウロコでした。
悩むない内容によって人生は決まってしまうと思います。自分の事だけで悩めば人生はその範囲にしかならない。もっと大きなもののために働こう、と心に誓いました。
いやー、これは過去の連載の中でもトップクラスに面白かった。たぶん、須藤さんのフェーズに行ってない人は[曖昧さに耐えるってなんやねん]って思うだろうし、近い人は[あー、これよくわかるわ]ってなる踏み絵的な表現がいっぱいありました。すごく学びが多いというより、自然現象のように起こりうることと認識し、明日からまた頑張ろうってなります。あざます。
強い知的好奇心を持てるか持てないかは、遺伝的な要素や、やはり小さい頃にどういった環境で育ったかに拠る所が大きいかと思うので、大人になってから後天的に得ることは難しいというのはその通りかと思います。

ただ、これがあるかないかで、ビジョンや発想の大きさ、創造力、突破力などなど、人生を勝ち抜いていく上で必要な多くの要素の違いを生み出しているのではないかと思います。

今の土俵を疑う、なかなかこの発想が普通には出てこないのですが、我々が生きている現実は、そもそも様々な前提条件の上に作られたものであり、それが所与ではない。この発想がない限り、新しいアイデアや人と違うことをしようという考え方は生まれてこないかと思います。

これも知的好奇心の延長で、何故これはこうなんだ?と興味を持つことから何事も始まるかと思います。連載の方ありがとうございました。非常に「面白かった」です。
NPの連載では一番勉強になりました、本当に素晴らしい連載でした。ありがとうございました。こういう記事はランキングとか関係なしにいつまでも読んでない方に触れてほしい記事です。

今回は意思決定よりも曖昧さに耐える時間、というのがとても刺さりました。経営者はもっと大変だと確信しますが、まさしく新規事業に直面してるのがそれ。国も違う、そして会社自体がAIを搭載した新製品を売り出す、営業としては二重苦の難しさ。数がないと、個別事情?国事情?新製品に起因するもの?全くわかりません。にわか専門家がアメリカはこうなんだよ、みたいな情報はたくさん入ってくるし言ってくる人もいます。でも差別化するには何か新しい、それは気付かなかった!という事象をつかむしかないので、どこかでエッジの効いた意思決定をしなきゃいけない。これが相当難しいな、と日々思い知らされてます。

こんな悩みの中、メンターの言葉は金言でした。
「お前は悩みが小さいな。小さいことで悩んでいると自分が小さくなる。もっと大きなことで悩め。自分のことより、チームのこと、チームのことより会社のこと、会社のことより業界のこと、業界のことより国のこと、国のことより世界のことで悩め。世のため人のために真剣に悩んでいれば、そんなつまらない自分の悩みなんてものは、どうでもよくなるぞ」

最後に須藤さん、お疲れさまでした。クソ忙しいと思われる最中、10回のこれだけの濃い内容の連載を仕上げるのはかなりドMなスケジュール(笑)だったのではないかと想像します。ありがとうございました!!!
最後の図と照らし合わせながらもう一度連載を振り返りたい。

非常に深い示唆に富んだ連載でした。

ありがとうございました!