新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
さっき車載向けなどの半導体放熱記事を下記にPickしたが、こちらは電子部品の耐熱の話。Nakaさんがコメントくださっているように、車載でTDKが強いが、記事で村田が出ているように一層力を入れてくるだろう。
https://newspicks.com/news/1501102?ref=user_100438
電子部品メーカー各社、次世代市場として車載を狙う中で、基幹部品として採用されるなら避けられないのが高温対応。この分野、民生向けで強いメーカーが強いわけでもない。

MLCCの小型大容量化競争の技術的方向性は、容量をC、電極面積をS、電極間距離をd、誘電体の誘電率をεとして表される以下の式に基づく。
C=εS/d
つまり小型大容量化を進める為に必要なのは、誘電体の誘電率を大きく、電極間距離(誘電体層の厚さ)を薄くする、の二点。前者は材料開発、後者は原料微細化とそれに適したプロセス開発。これに基づいて、各社同じような製品と技術のロードマップを持っていた。

しかし高温対応については、技術的に大きな傾向はあるものの、これほど明確で統一された原理は無く、各社の技術が異なる方向性を向く可能性がある。つまり、小型高容量化と高温対応では求められる要素技術が異なるので、スマホ向けで強かったメーカーが車載でも強いとは限らない。

MLCCでスマホのような民生向けで強いのは村田製作所だが、車載に強いのはTDK。全体で見れば圧倒的No.1の村田製作所も、車載に限って言えばTDKに追いつけ追い越せで頑張っているのが現状。

小型大容量化について、微細化が一定以上進むと誘電体の誘電率が低下するので、この方向の競争もそろそろ行き詰まって来ている。次の軸をどうするか模索している段階。
自動車向け部品は、燃費向上のため各種部品の小型化、軽量化に取り組むことが必須課題。小型になればなるほど放熱性が悪化するため、素材の見直しなどを行い、耐熱性を上げることも重要です。
株式会社村田製作所(むらたせいさくしょ、英語: Murata Manufacturing Co., Ltd.)は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品の製造ならびに販売をおこなう企業である。TOPIXcore30の一社に選ばれている。電子部品専業メーカーとして世界トップクラスに位置している。 ウィキペディア
時価総額
4.55 兆円

業績

太陽誘電株式会社(たいようゆうでん、TAIYO YUDEN CO.,LTD.)は、受動電子部品を主とした電気機器製造会社である。一般消費者の間ではCD-R(That'sブランド)などの記録メディアのメーカーとして知られる。研究者の佐藤彦八が1950年(昭和25年)設立。本社は東京都台東区、工場は群馬県高崎市など。 ウィキペディア
時価総額
4,564 億円

業績

ニチコン株式会社(英語: Nichicon Corporation)は、京都府京都市中京区に本社を置くコンデンサなどの開発、製造、販売をおこなう企業である。グループの工場は京都府亀岡市・長野県大町市・福井県大野市・滋賀県草津市などにある。 ウィキペディア
時価総額
850 億円

業績