新着Pick
432Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
メッセンジャーでやり取りできるのいいな。
人気 Picker
東南アジアでもFacebookはインフラ化。日本ではLINEがインフラ化と言われているけど、東南アジアでは国によって使われるアプリにバラツキがある。

LINEについて言えば、タイでは広まっている印象。以前はWhatsAppだったのが、若い世代を中心にLINEへ。フィリピンでもLINEユーザーは増えている印象。その他の国でもアカウントを持っている人は結構居るけども、シンガポールはWhatsApp、ベトナムはローカルアプリなど。華人系を中心にWeChatユーザーは急速に伸びているという印象。自分もWeChatはインストールしており、一部の華人系と連絡をとるときに利用している。

いずれにせよ、各国とも複数のアプリを利用している人が多いが、ファーストアプリの座を獲得することが重要。

そのなかでも、Facebookは最大公約数的にみると一番広く使われている。特に世界第4位の2.5億人の人口を擁するインドネシアはFacebookの大市場として知られている。ビジネスアカウントの導入でインドネシアにどのようなインパクトが生じるのか、今後観察したいところ。

東南アジアで仕事をしていると、複数のメッセンジャーアプリが必須になるが、Facebookだとだいたいの人に連絡がとれる。(ただ、最強なのは、電話番号で送るSMS)

また、東南アジアではプリペイドSIMのプランには、ソーシャルプランという格安プランがある。今手元にあるシンガポール最大手のSingtelのプランをみると、Facebook、LINE、WhatsApp、WeChatのプランが用意されている。
メッセンジャーをLINEのようなインフラにしていくということ?
ついに。これは使いたい
企業の事前、事後の顧客接点をfbが握るということは、新規顧客獲得のマーケティング、既存顧客とのリレーション維持/リピートのCRMにおける事業機会をfbが握るということ。

fb上の膨大なプロフィール、行動履歴、興味のデータと紐付けることで、かなり精度高くできるので、fbにとって甚大な事業機会。GoogleやSalesforceにとって、大きな脅威となりえる。
Googleとガチンコですね。プロフィール情報からターゲットが明確な広告は効果的なので、Googleにとっては脅威ですね。Googleも試みたけど、Google+はダメでしたしね。
アメリカにはLINEが無いのでこれは自然。EC事業者必見の内容になりそう。少なくとも、Googleの生命線である指名検索は激減する可能性あるな。
嫁さんが使っているのを眺めていると、かつてはLINEだけだったのが、そのうちにMessengerも使うようになって、最近は50:50くらいの比率になってきた。

相変わらずタイでのLINE人気はスゴイようだが、ローカライズも含めて連携機能を強化していかないと、あっという間にMessengerに取って代わられる気がする。

ちなみに湾岸ではWhatsapp一択。Tangoなどいくつかアプリが出ては消える中で定着しているのはこれだけ。登録などの手間がないのが強みか。
世界的にチャットボットが加速してますね。検索流入→ソーシャルメディア流入→チャット流入と変わっていくとなると、次はダークソーシャルの分析が重要な鍵になってきますね!
「メッセンジャーのMAU(月間アクティブユーザー数)が9億人を突破」と、ユーザー層に中高年が多いという(日本の?)特性を考慮すると、可能性は高いんじゃないか。実際、簡単な仕事上のコミュニケーションにメッセンジャーを使う機会は急速に増えている(自分の場合)。
でも広告がやたら増えたらイライラするだろうな。
F8ではMessenger関連のセッションが2つ。イベントページでは両方とも「コマース」にもタグづけされている。人工知能関連の独立セッションはなさそうなのでMessengerに含まれているんだろうな。

インドでつまづいたFree Basicsに関する発表も気になるなあ。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
57.2 兆円

業績