新着Pick
829Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
人間関係のアップデートって言葉いいね。
人気 Picker
堀江さんが主張しているのは、リスクをとることは怖くもないし、たいしたことないということ。これは繰り返し主張してる。実際に失敗したってたいしたことないからね。

以下引用。

「そんなときに僕は、「大丈夫。失敗しても誰も気が付かないから」って言います。スタートアップで失敗しても誰も気づかない。たとえ、大きな失敗をしてもみんなすぐ忘れる。
僕の周りにもたくさんいる。会社を興しては、潰して、また起業して。それでも、彼らの失敗を気づいている人は少ないし、仮にそうだとしてもすぐに忘れる。記憶って上書きされるんですよ。だから、失敗を恐れる必要なんて全くない。そんな、うつろいゆく他人の目を気にするのは、意味ないと思う。
NHKを辞めた直後路頭に迷いそうになる中、朝生で共演した時に堀江さんがかけてくれた言葉に随分励まされた。

「堀潤面白いなぁ!」

「でも、言いたいことを言い続けるためにしっかり稼ぐことも大事なんだよ」。

その後も事あるごとに「忙しそうだねー!で、どうなの??」と面白がって話を聞いてくれた。そしてこの間、ピロリ菌検査キッドを普及させるための活動に力を入れる堀江さんと久しぶりに会った。2時間近く2人でディスカッションした。僕の中でも次々と新しいアイデアが浮かびすぐに実行に移したくなった。このワクワク感は何だろうか。答えは明白だ。堀江さん自身が新しいことにチャレンジを続けているからだ。そういうものは、伝播する。
今、自分のことじゃなくて子供の失敗というか苦難に心が折れそうになっているので、この言葉には救われる気がしました。
堀江さんは、意見が合わないと思うところもあるけど、ハートはあると思います。
とても共感出来るお話でした。

「出会うべき人、一緒にいたら楽しい人っていうのは、世代とか居住地で決まるものじゃないのに。」
➡仰っる通りだと思います。気が合う、フィットする人というのは年齢は無関係です。出会うべき人だったんだなと感じる人は確かにいらっしゃいます。不思議な感覚を大切にしたいと思っています。

「なんかやりたいなと思ったらすぐ行動しちゃうんです。ぱっと。どんなに慎重に準備しても、ある確率で絶対失敗する。だったら動いたほうが楽しいじゃないですか。」
➡失敗と言い切るのは結構難しいもの。どこまで言ったら失敗なのか。難しいものです。失敗は成功のもとだと理解できれば失敗ではなくなりますね。

「みんなゼロリスクを求めている。日本は特に強いと思う。100%絶対に安全じゃないとダメ、みたいな。ゼロリスクなんて、本質的に存在しないのに。これにとらわれると、何も行動できなくなるし、思考停止になる。

あともう一つ。行動できない人って、絶対成功しようと思い過ぎている。ここには、失敗への単純な恐怖と、失敗したらかっこ悪いという感情があるらしい。」
➡これは強く共感します。挑戦より安定、成功より普通、背伸びより身の丈をベターとする社会は失敗した人のセーフティーネットが充実していないのと、人を批判的に見ることを良しとするところから発するのではないかと思っています。
生きていると楽しいことがいっぱいある、とのこと。人生は自作自演。自分で楽しくして、楽しければ、少しでも長い方がいい。
長生き云々については人それぞれでしょうが、どんなに慎重に準備してもある確率で絶対失敗するし、失敗しても誰も気がつかないから、とにかく行動し続けた方がいい、というのは本当にその通りだなと。堀江さんほど振り切って行動できるかどうかは別として。
堀江さん、露出のされ方がどんどんチャーミングになっていくのがいいですよね。僕は好きですね。
人間関係を常にアップデート。ずっと同じ人間と接してるから、人間関係が辛くなって、しんどくなる、環境を常に変え、常に新しい交友関係を作っていけば、楽しくなる。
人生は時間でなく質。と、いいたいが60までは行きたい。死に直面しない人しかわからないだろう