新着Pick
334Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
澤田さんはグッドチョイスだったとますます感心。伊藤忠出身なだけに多くの内部の人間を昔から知ってそうですし、馴染むのにもチームを作るのにも時間がかからないかもしれません。
統合に際して生じうる軋轢を緩和するために新生ファミマの社長に外部人材が選ばれたということに加えて、フランチャイズチェーンの場合は、加盟店オーナーを惹きつける魅力を持つ人物がトップに相応しい。
その意味で、澤田氏というのは抜群の人選だと思います。

人たらしという点では、インタビューに応えている上田会長も傑出してます。
上田氏がすごいのは、取引先向け、加盟店向け、投資家向けと、ありとあらゆる説明会のプレゼンで必ず笑いを取ること。
一昨年くらいにフジテレビの「めちゃイケ」に出演されていた時も、台本無視でのアドリブで笑いを取っていた。
この愛されキャラがNewsPicksではほとんど知られていないことが誠に残念。
インタビュー読む限り特に目新しい施策はないのて、業界地図は塗り替えられそうにない。
コンビニ各社の経営体制が変わりますが、カリスマが退場し混乱してるセブン、三菱商事含めて今ひとつ方向感が見えないローソンと比較すると、上田さんが中心となり新たな経営陣も迎えたファミマが一番安定していて動きも良さそうであり、チャンスではあるようには思います
一方でコンビニシステムは優れて組織力、オペレーション力のゲーム(楠木先生の言葉で言えばOC=organizational capability)であり、仕組みや現場が強ければそれが再生産されるモデルであることも確かなので、一発逆転はなく地道な競争力強化を進めていくのが王道と思います
セブンのお家騒動で一気に注目が集まるファミマ。千載一遇のチャンスだと思うので、一気に攻めてコンビニ業界を面白くしてほしい。それにしても、現場が好きという澤田さんとてもいいですね。
統合の話なので国内の話がメインだが、成長のドライバーは海外だと思います。
中国でも上海はすでに日系のコンビニがローカルのコンビニを圧倒し始めており、競争の激しい中国でそれができるのであれば、海外展開はかなり希望を持てる。
ファミマとローソンが合併するしか、セブンに勝てない気がする。今がチャンスじゃないか?
期待感はある。上田さんが会長として健在だし、澤田氏は統合会社にとってはいい人事だと思う。でもセブンイレブンの牙城を崩すのは容易ではない。まずは統合が先で、ここでゴタゴタする可能性はゼロではない。
今回のコンビニ事業は当然サークルKサンクスとの統合をいかにして上手く行かせるか?
ということに尽きるだろうお互いのシナジー出すために買収したされたという意識を持たせないことが重要でしょう。
今回の人事は可能かな。
アットホーム的な感じで、気軽に立ち寄ったり、雨宿りができる場にする、本屋と提携し、店内にある本を読み放題とか。
ユニーグループ・ホールディングス株式会社(英語: UNYgroup Holdings Co., Ltd.、通称表記:UGHD.)は、ユニー、サークルKサンクス等を傘下に持っていた日本の大手流通持株会社。2016年(平成28年)9月1日をもって、(旧)ファミリーマートに吸収合併され消滅した。 ウィキペディア

業績

イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
2,007 億円

業績

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.18 兆円

業績

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
2.94 兆円

業績

株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、Shinsei Bank, Limited)は、東京都中央区に本店を置く普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
3,352 億円

業績