夢なんか豚に食われろ。圧倒的努力をせよ

2016/4/11
「キラーカード」は自分でつくれ
佐々木 著書『たった一人の熱狂』はトークアプリの「755」で見城さんが発した言葉を元に書かれていますが、見城さんに届いたコメントで最も多かったのはどんな内容でしたか。
見城 「どうしたらキラーカードを持てますか」という質問はよく来ました。仕事などの勝負において、自分の武器となるカードのことですが、それは人に聞いて手に入るものではない。キラーカードは自分がつくりあげるものだから。
佐々木 その通りですね。
見城 僕が角川書店に入ったときは、自分の企画を会議で通し、編集長と社長を説得すれば誰かの本を出せるかもしれないという、小さなキラーカードしか持っていなかったわけです。
それでたとえば尾崎豊ならば、当時カリスマ的な人気を誇っていて各出版社からオファーが殺到していた。僕は7社目だった。出遅れた僕が、どのようにすれば見城さんにしか書きたくないと思わせることができるか。そこを必死で考えるわけです。
見城徹(けんじょう・とおる)
1950年静岡県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、廣済堂出版に入社。1975年、角川書店に転職し、文芸界を震撼させた『野性時代』副編集長、部数を30倍に増やした『月刊カドカワ』編集長を経て、41歳で取締役編集部長に就任。その間、5本の直木賞作品など、数々のベストセラーを担当。1993年に退社し、幻冬舎を設立。五木寛之『大河の一滴』、石原慎太郎『弟』、郷ひろみ『ダディ』、天童荒太『永遠の仔』、村上龍『13歳のハローワーク』、劇団ひとり『陰日向に咲く』、長谷部誠『心を整える』など23年間で22冊のミリオンセラーを出版。2015年は年間書籍総合ベスト10に下重暁子『家族という病』をはじめ4冊を送り込む。2016年は石原慎太郎『天才』が大ヒット。著書に『編集者という病い』『たった一人の熱狂』など。