新着Pick

パナマ文書、各国税務当局が対応協議へ OECD

朝日新聞デジタル
タックスヘイブン(租税回避地)にある法人に各国首脳らが関与している実態を暴露した「パナマ文書」を受け、経済協力開発機構(OECD)は8日、各国税務当局者による会議を13日にパリで開き、対応策を話し合…
19Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
なんだかネットでお祭り状態だが、取引内容が問題であって、名前があっただけで怪しいという扱いするのはバカ者。国際投資やMA取引でタックスヘイブン使うのはグローバルビジネスの常識。
人気 Picker
タックスヘイブンを「税金天国」と誤訳する人はさすがに見当たらなくなったものの、会社設立手続きや会計・監査・開示などの規制が極めて緩いということを知らない人は相変わらず多い。

批判するにしても、擁護するにしても、ちゃんと調べてからにして欲しい。雰囲気でなんとなく怪しい悪者視するのは止めよう。
なかなか言い方が難しい話ですよね。
何が問題かいまいちよく分からないですけど、国内に入るべきお金が、国外に流れて国民が通常以上その分の負担を強いられることになったと..._φ(・_・