新着Pick
262Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
英語ネイティヴでもそういう流れがきているのですね。とても興味深いです。日本でももっと広まれば良いのですけどね。
人気 Picker
米国でも幼少期から2ヶ国語を勉強することが拡大しているのだから、日本でも日本語能力阻害するとかアホな議論やめてどんどん学ぶ機会増やすべき。

シンガポールのインターでは当たり前だけど、うちの子供は英語・中国語・スペイン語を学校で、家の日本語も含めて4ヶ国語を学んでいる。あと、いくら自動翻訳の技術進んでも、中々人間が多言語話すことのメリットは薄れないだろう。
移民が高等教育の段階から恒常的に入ってきてどんどん国民となっていくので、能力が高くて英語もあっという間に習得した1世と、その2世で、アメリカの社会全体としては2言語をネイティブな人が多くいる。
 ただ、移民系は政策の中枢などには何世代もたたないと入れないし、政策に関わるエリート社会の選抜の際に色々バイアスがかかったりするので、移民1世・2世で自分の祖国についてかなり偏った情報ばかり伝えて政策を歪めたりすることも起こり、結局米国の対外政策は歪みがち。
 総体としては米国社会の外国語能力はあるが一部に偏っており、外国語を全くできない人との落差が激しい。
 よその国で初等・中等教育を受けた人(途上国では全て英語で教えている学校が多い)を移民で導入しているので、アウトソーシングしているのと同じですね。
 なお、日本の大学に外国から優秀な人材を多く入れようとしたら、また優秀な移民にたくさん来てもらいたかったら、日本の大学・大学院を出たらすぐに永住権をあげる、といった抜本的な政策や変化がないとまず無理です。移民は条件のいいところに行くのですから。
 「現場でひたすらがんばれ」という竹槍精神では解決できないことがあります。
5歳の息子は1歳からインターに通っているので英語の方が流暢です。でも周りの5歳児にくらべ日本語の習得は遅くて少し気になっていたのですが…最近どんどんと日本語も読み書きもできるようになり安心しました。

海外で物怖じせずコミュニケーションをとる息子を見て、国際的な感覚をもつことは語学力以上に嬉しいスキルだなーと感じています。

早期の語学教育は日本ではまだまだ賛否両論ですが、私は良いと思っています◎
アメリカ人は英語は話すけど、他の言語は話せない田舎者なのです。やっと外国語を教育する必要性に気がつき始めただけでしょう。英語教育でずっと苦労している日本からみれば大した話ではない。
ただ、ぼくの子どもがアメリカの幼稚園や小学校に通っていたころ、自然にスペイン語を習得したが、それはスペイン語教育があったんじゃなくて、理科の授業をスペイン語で行う、というやり方だった。スペイン語「を」教えるんじゃなくてスペイン語「で」教える。このやり方はウマいと思った。
アメリカも日本も外国語習得は苦労するだろう。互いに教育法を分かち合いませんか。それから、自動翻訳機能を開発して、苦労を減らしませんか。
もはや、語学という意味においての「言語」だけに留まらず、幼少期の教育に「コンピューター言語」や、ビジネスや経営の仕組みは勿論、ディベート力・グローバル思考力なども含めた「ビジネス言語」を取り入れている国もあります。

「子供にはまだ早い」「ただただ思いっきり遊ぶのが子供の仕事」などという考え方もある一方、幼児期の潜在能力をバカにしてはならないと思います。
そう!Immersion Schoolといって、小学1年から英語以外のすべての授業を外国語でやる学校です!日本語のimmersionも僕の近所にあるため、日本人家庭教師への需要があったり。中村さんの言うように、今までアメリカ人は一般的には外国語が本当にダメで、スペイン語がしゃべれるなんていう奴もコモエスタスくらいがせいぜいだった。でもimmersion schoolはガチです。アメリカ人は英語しか喋れない、という固定観念は、近い将来に覆されるかもしれません。
幼少期(5歳から8歳ぐらい)にカナダ暮らしで英語のネイティブになり日本語がおぼつかなくなった。帰国後は逆に、英語を意図的に忘れ日本語を再習得していった。この経験からすると、外国語とは単なる言語能力ではなく、ある文化圏の考え方や価値観や論理と情感の総体を身に着けることであり、多様な情報編集能力を獲得する可能性を与えてくれるものだと実感している。外国語学習は、やるなら、大変でも中途半端でない学習環境を子供たちに与えるのが良いと思う。
米国で第2外国語に対する意識が高まってきていることに驚き。
2か国語以上身につけた非英語圏出身者との競争激化が進んでいると認識すべきなのだろうか。
多民族国家ながら長らく単言語主義だった米国の社会背景における取り組みの話だと思うんだけど、コメント欄ではいかに英語や他言語を効率的に身につけられるかという議論に華麗にすり替わるのね… その時点で他言語習得の本質を違えているような。
英語なんて、幼児教育や語学留学なんて大層なことしなくても、使用する必然性さえ伴えば、それ相応に普通に身につくと思うけどね。国際線パイロットや外交官だって基本は卒後教育でしょ?自己の経験に照らしても、目的ではなく手段と捉えなければ伸びない。
その点で、全く語学教育や受験勉強に役に立たない、歴代天皇や徒然草や唐詩選を暗唱させた手前の教諭教師陣は賢明であられた。
これは必要だから勉強しているわけではなく、他言語を幼少期に学ぶと頭が良くなると言われているから。

英語圏の特権ですね、この余裕っぷりは。