新着Pick
430Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
なんだかんだ毎日開いてるもんなー。
人気 Picker
使用率・時間ともに、Facebookが圧勝。ただ、18~34歳の調査で、18~22歳といった具合に4年ずつくらいに細かく分類してある調査が見たかった。
サービス単位で見ると、Snapchatの若者比率が異様に高い(というか35歳以上の利用者が2割程度に過ぎない)のが特徴的ではある。ただ、それでもインフラとしてはFacebookなのではないかと思う。あと日本だとLinkedInやTwitterは30前後中心なのではないかと思うが、米国だと年齢層が広がっているのが印象的。
やっとFacebook覚えたと思ったら、次はSnapchatかいな⁉︎ オッちゃんはついてけんわ〜!
「Facebookの利用率はほぼ100%で、1カ月の平均的な利用時間は1000分以上だ。利用率では2位がFacebook傘下のInstagram、3位はTwitter。平均利用時間では2位がSnapchat、3位はInstagramになっている。」スピーゲルが、ザッカーバーグのオファーを突っぱねてくれたおかげで、かろうじて米国のSNSがザッカーバーグに完全に支配されることが防げた。
個人的には、Facebookの強さは過去の経験の蓄積(ストック)にあると思っているので、その蓄積が少ない若者はフローをベースとしたより簡易なSNSでも事足りるものの、歳をとってコミュニティが複数に別れていくに連れて結局Facebookに集約していくと思っている。記事はその若者すら離れていないという内容だが。

先日ダイヤモンドの記事で日本人は若者のfacebook離れが取り上げられてて、Pickerの方々も色々コメントされていたので、併せてご覧ください。
https://newspicks.com/news/1454788
匿名ピッカーは意外とNP離れしていない?
日本でも、昨年から若者にはもっぱら「インスタ(Instagram)」が人気だが、それでもフェイスブック利用者が大きく減ったわけではない。

ある民間の調査でも、18~20歳以下の女性で「フェイスブックを利用」と答えた割合は、85%。サンプル数が少ないとはいえ、これは「LINE」(92.5%)に次ぐ堂々の第2位(15年 BWRITE調べ)。
読モやセレブの「オシャレ画像」を楽しむインスタに比べ、フェイスブックは「リアルな知人の近況が分かる」点が人気の様子。今後もしばらくは、ツイッターも含む「四つ巴」状態が続くだろう。
スナチャは利用しやすい分、離脱時間が早い。
Facebookは1日の終わりや休憩の間、更新されたものをドバーッと読むので、開く回数は少なくとも離脱までの時間が結構長い。大切な情報とか大きい発表(結婚とか転職も含め)はFacebookが多い分、やっぱり大切に使ってる感があります。
あ、岩崎慶子っておみやだったのか。

スパムだと思って削除しちゃった笑。

どう考えてもあのプロフィール画像はスパムやんww
個人的にはFacebook離れが起きやすい世代は12〜18歳世代(もしくはそれ以下)だと思っています。だから今回の結果から結論づけるのは早計かと。では何を基準に世代を分けるかと考えると「幼少期から親がFacebookを使っていたか否か」が基準になると仮説を立てています。

(とはいえその根拠となるデータはないので仮説が間違っている可能性はありますが…)
以外というか、そうだろうというか、コミニュケーションツールが沢山あっておじさんには少々理解に苦しむが、そのミレニアム世代とやらは色々と使い分けているのだろう。便利な世の中になったもんだ。しかし、これから何十年後には私達の世代が生き証人となり昭和の話を自慢気にあちらこちらで話す事だろう。その時はしっかり手紙で恋を告白したことや公衆電話の硬貨の落ちる音にドキドキした事を伝えて行きたいと思う。