新着Pick
177Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
バンド形式になったらもっと面白いなと思う。
人気 Picker
BABYMETALと彼女たちを支える優秀なクリエイター集団については後日ブログにも書こうと思っている話題なのでここで全てを書くのは控えますが、最近公開された新曲「KARATE」について一つ話を。

この曲はいわゆるDjent(ジェント※1)やメタルコア※2と呼ばれるジャンルの音楽的要素を多く取り込んで作られた楽曲です。

作曲したのはニコニコ動画発でヘヴィ・ラウドミュージック界で圧倒的な知名度を誇るボカロP(ボーカロイド作曲家)として活動中の「ゆよゆっぺ」氏。彼はシャウトするヘヴィながらも哀愁漂うパンク/ロックミュージックのジャンル”スクリーモ”やより若者受けに特化した攻撃的なヘヴィメタルのジャンルである”メタルコア”という分野に非常に造詣が深くこの楽曲も彼自身影響を強く受けていると思われる最新の海外のヘヴィミュージックのトレンドをこれでもかと盛り込んだ楽曲に仕上がっています。

私は長らくこのジャンルの海外のバンドを聞いておりますが、その視点から見てもここまでやるかというのが率直な感想です。マニア向けと思われるヘヴィメタルの中でも更に尖ったジャンルのしかも『最新の音楽』を楽曲として使用して勝負に出てくる辺り本当に流石としか言いようがありません。

ハッキリ言ってこのジャンルは聞き手を選びます。万人受けなどあり得ません。しかしそれでもこの曲を新曲として発表するのです、この攻めの姿勢が特に海外のファンには受けるのです。こんなことができるのは世界広しといえど彼女たち以外にいませんよ。

BABYMETALが提供する新しい音楽との出会いをぜひあなたもご体験を。
https://www.youtube.com/watch?v=GvD3CHA48pA

※1 ジェント:プログレッシブ・メタルのサブジャンルで弦が鳴る様子から名付けられたジャンル。

※2 定義は難しいがザクザクと切り込むようなギターリフを多用し、終盤にブレイクダウンと呼ばれるモッシュを煽るパートを持ったヘヴィメタルの1ジャンル。メロディック・デス・メタルから発展して独自進化したものとされている。ファン層は若者中心。
日本語の歌詞でここまで海外進出成功したのってすごい。まあメタルの歌詞なんてそもそもほとんど意味不明だけど。。
すみませんデビュー直後は最初、こいつらMETALバカにしてんだろ、って思ってました。
素晴らしい!単独で且つローカルのオーディエンスで1万以上集めた日本人アーティストの海外公演は初ではないかと思う。成功の理由は簡単に分析できるものではないと思うが、日本人としての独自性を出しつつ唯一無二のコンテンツを作っている事が評価されていると思う。良く欧米人と日本のエンタメの話をするが、よく言われるのが「独自性や日本人としてのアイデンティティーが欠如しているコンテンツが多い。」という事。BABYMETALが今後どこまで世界での人気を広げていくかは興味があるところだが、日本人の女性アーティストのネガティブな評価として「子供っぽい」と言われる事も多い。今、世界で人気の女性アーティストと言えばテイラー・スイフト、アリアナ、ケイティー・ペリーなどセクシーな女性ばかり。韓流のアーティストはこの辺りのポイントを研究してるように思う。ともかくこのBABYMETALの成功をどんどん広げていけたらと思う。
洋楽HM/HRを好んで聴く私も、最初BABYMETALのライブをYoutubeで観たとき衝撃を受けました。

バックバンドの演奏がむちゃくちゃ巧くて、そこにアイドル独特の振り付けが絡むのは日本ならではの個性です。元メガデスのマーティ・フリードマンも何かのメディアで絶賛していました。
日本のアーティストもここまで来たか、と感慨深いです。
楽曲やバンドのクオリティもさることながら、オープニング映像で繰り広げられるメタルの歴史と連動させたストーリーが彼女たちの音楽にのめり込める理由だと思います。
これはブランドを浸透させる時に、狙うマーケットやファンに関連するようにストーリー作りをするマーケティングで、今だとルイヴィトンが広告にファイナルファンタジーのキャラクターを起用して、ゲームがカルチャーの原体験になっている層にアピールするのと同じです。
少し前に、お世話になっている編集者が雑誌で取り上げていて、初めて知ったが凄い!

ちなみに、私の大学時代のメンターが作ったEASTというバンドは、1972年に全米デビューを果たし、ビルボード入りまで果たした。http://youtu.be/hsEiCv-SrS0

私にとっては、こっちのが、いまだにセンセーショナルかな?
BABYMETALのライブはロスに誘われて、行ったことがある。2年前ぐらいで最大千人ぐらいが入れるクラブで行った。一番印象深いことはBABYMETALのファンの幅の広さだった。アメリカのアニメやJPOPオタクからハードコアなメタルファンまでだった。