新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年明け、GQのリークから一気に噂が広まり、(https://newspicks.com/news/1341713/)16-17秋冬コレクションは、パリファッションショーが急遽キャンセルされ、エディが就任後パリから拠点を移したLAのHollywood Palladiumで開催され、もうみんな「エディの最後のショーだ」と異様な雰囲気が漂っていました。(https://newspicks.com/news/1392234/)また、ショーの内容も、完全にムッシュ・イヴ・サンローランへのオマージュに満ちた、エディによるサンローランの集大成的な内容。そして、Hollywood Palladiumをレディースコレクションの前半として、その後半が発表された会場は、エディが復活させたクチュールコレクションのアトリエ、L'HÔTEL SÉNECTERRE。(https://newspicks.com/news/1436385/)クチュール形式の音楽無しの番号が読み上げられるかたちで、エディによるサンローランの第二章が始まるのか、とすこし続投も期待はしましたが、今回の退任に終わりました。

その時、印象的だったのが、最後にエディが表れ、真っ先にムッシュ・イヴ・サンローランのパートナーだったピエール・ベルジェに向かい、ハグした瞬間。それが、エディのピエールへの最後の挨拶だったのでしょうか。

もちろん、エディを語るには90年台後半のトム・フォード後のリヴ・ゴーシュと、ディオール・オムを立ち上げたことも含めて語らなければならないわけですが、昨今、グッチのアレッサンドロ・ミケーレ、ロエベのジョナサン・アンダーソンしかり、デザイナーがクリエイションを全面に出したコレクションのさきがけであり、また今、もっとも盛り上がっているVetemensのデムナ・グバサリアや、Off Whiteのヴァージル・アブロウが受け入れられる土壌も、エディの功績を抜きにしては語れない。

なんかぽっかり穴が開いちゃった感覚。最後のAWのためにお金貯めないと。。。争奪戦だろうな。。。。
あと、エディのディレクションで作られた世界各地の旗艦店や、再開が決まった、クチュールコレクションはどうなるんでしょうか。。。
あー、結局。もろエディな店舗とか、どうするのかな。正直、サン・ローランでの仕事は全然感心しなかったけど。モード界は激動の時代だなぁ。

業績