新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マーケットは繋がっているのだと実感します。

とある銀行のシニアの方から、正直預金は欲しくないんですよね、と打ち明けられました
ババ抜きの様相を呈してきました。地銀がメガに預金するのが流行ってメガが閉口しているとも聞きます。マイナス金利には功罪両面がありますね。
まあ、アナウンスメントをして金銭信託の解約を促すというシナリオでしょう。
実際にマイナス運用をするかどうかは微妙。

だって、保有国債はプラスでしょ(^^;)
銀行業務を縮小して、手堅い信託、財管業務にシフトしていたところを、マイナス金利が直撃。皮肉ですね。昔は、不動産の仲介手数料とったうえで、不動産融資までできる信託銀行の機能が羨ましかったもんですが。
例えばキャッシュ50bps持ってたとして、年間-0.5bpsの影響。まぁ、そのうち適用除外となりそうではあるが…そもそも、ここにマイナス金利つけても投資に回るわけではないのだから、政策目的と合致していないわけで。まぁ、金融機関としては、こうやって見えにくいところからやっていくしかないのだろう(投信を持ってても金融リテラシーが高くない人もいるし、だから毎月分配とか売れるわけで、この-0.5bpsを気にしないだろう)。
ヘェ〜。じゃオーバードラフトでお金借りるときは逆に金利つけてくれるんかな。私のファンドはキャッシュはドルで持つようになってるんで、そこは安心なんだが。マイナス金利適用除外されたMRFに入れればいいだけなんじゃないの
まずはそれほど世の中的に注目を浴びない信託銀行から、マイナス金利の負担を実質的に顧客へ転嫁することが始まったということでしょうか。

当たり前のことですが、銀行は社会の公器と言われる一方で、株式会社ですから、利益を上げ株主に還元しないことには経営が成り立ちません。マイナス金利で収益が減少する分は別の収益源を探し出すか、そのコストを預金者等のお客さんに転嫁するしかありませんので、後者が現実に出てきたということかと思います。

こうした動きは信託銀行に留まらず、いずれ銀行の普通の預金者が負担を直接負担することになる、これがマイナス金利政策の必然的結果かと思います。それでもなおこの政策が立っていられるのかどうか?結論は明確ではないでしょうか(その時政府と日銀はどう振る舞うのでしょうか?)。
マイナス金利分によるコスト負担増を反映させるということのようですね。