新着Pick
451Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
三菱電機の自動運転に関しては、①も参照。ただこれは2020年以降の話で、本記事で気になる部分は『車線維持システムと自動ブレーキシステムで自動車メーカーから受注を得ており、17年度から量産を始める予定』という点。
技術は使われるほど・製造されるほど進化するというのが過去の歴史。液晶を振り返れば、昔はプラズマのほうがメリットがある部分も多かったが、それを大量生産によるコストダウンと様々な技術の積み重ねで、昔では考えられない品質にまで改善した。その観点で、自動運転の前に、自動ブレーキなどに入っていくことは重要。ただ、すでにアイサイト(日立オートモーティブ)など先行者がいるし、自動車メーカー各社も注力している。今から入るメーカーがどこか(三菱自動車?)、そこの受注規模がどれくらいか。
三菱電機だけでなく、日立ももちろんアイサイトにとどまらず狙っている領域。それに関しては②もご参照頂きたい。
https://newspicks.com/news/1208586?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1250632?ref=user_100438
いや~、それにしても様々な業種、企業が自動運転に参入を表明していますね。
明らかに、真っ赤っかなレッドオーシャン。

個人的には、しばらく様子見をして覇権が決まった段階でくっついていく戦略の方が優れていると思うのですが・・・消耗を気にしないくらい体力のある企業たちなのでしょうか。
うらやましい(*^_^*)
先行する日立とデンソーを要素技術を持つ三菱が追い上げる。こういう競争が日本の自動車産業を強くしますね。
自動車の基本性能に関わる部分は特に、開発の段階から確実に組み込まれることが重要で、技術力もさることながら完成車メーカーとの関係性も重要になります。また、ある程度時間が経てば、システムとしての標準化も進んでいくでしょう。そこに対するスピード感は求められると思います。
三菱電機は、クルマ部品だけでなく、防衛向けの電子技術、無線、暗号など豊富にあり、デバイスも、Gaヒ素、GaNもあるのが強み。5Gでも、メーカーでは断トツだろう。

2月のR&D展示では、自動運転そのものより広めの展示。
以下、参考
スマートモビリティ
B-1 無線LANと音波による屋内測位システム(~2020 2017年実用化)
 これまで誤差3mだった屋内測位を1mにした。駐車場のクルマや、AGVなどを対象。屋外はGPSなどが使えるが、屋内は課題であった。位置は音波センサーを20m毎におく。スマホがあれば使える。
B-2 蓄電池性能オンライン診断技術(~2020)
 リチウムイオン電池の寿命をリアルタイムで計測できる。スマホよりも、産業や交通用。電圧の変化と電流の変化から予測する。これまではシステムを止める必要があった上、誤差も大きかった。メモリ効果があるニッケル水素などは適用できないが鉛電池は可能なようだ。リアルタイムゆえ制御も可能。
B-3 衝突を回避する先進運転支援システム(~2020)
 画像処理と運転の両方。時速60km、早退距離30m。
B-4 未来社会に向けた完全自動運転技術(2020~)
 コンセプト提示。無線でやる場合のハッキングなどのセキュリティについては課題。
B-5 公共シームレス化ソリューション(2025~)
 これもコンセプト提示だが、個人の事情に併せて、あるいは大衆の流れに応じて柔軟に、バス、鉄道の事業者が、運行管理を変えるというもの。信号システムが鍵になるので、わかるが、バスや鉄道会社を説得することが大変だろう。むしろ発展途上国でチャンスがあるし、ハード・システム提供だけでなく、運行管理自身も視野にいれているようだ。
最近の「殿様」を完全返上したかのごとくの三菱電機のしたたかさとフットワークの良さは抜群ですね。業績も絶好調ですし。期待してます。
車の自動運転ができるようになると本当に便利になると思う。出かけるとき食事会があるとかないとか関係なく車で出かけられる。酒酔い運転もなくなる。遠くに出かけるときも楽ちんになる。しかし都会では道路が込んだり、駐車場が不足するとかの問題が出てくるかも。
三菱電機が最近強いですね。経営者というか、投資する技術領域が上手く行っている印象。
チャレンジしなくても業績は立派。自動運転ではトヨタだけではなく海外動向も見ている。役員の報酬も高いが風通しもよい組織。時価総額も日立に並んだ。
盛り上がってきましたね
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: Mitsubishi Electric Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
時価総額
4.01 兆円

業績