新着Pick
233Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これは凄い。これの精度が上がると、シミュレータで機械に手術を学習させて、自動化できるようになりますね。人には思いつかない方法で手術を完了させるようになるかもしれません。
人気 Picker
緊急手術でない限り、心臓外科医は当日実際に手術をするまでに頭の中では何度も何度も事前にその手術を繰り返しイメージしています。心臓外科手術の多くは心停止を伴うため時間的制約が厳しいからです。

VRは手術シュミレーションに非常に有用だと思います。若手のトレーニングや術式検討はもちろんのこと、個々の症例に合わせた術前イメージは、手術のスピードとクオリティを高めることができると思います。臨床現場にいる身として普及が待たれます。
appleのosirixとか、医療用ではsynapse Vincentとか、実用的なものも増えてきていますが、まだまだ未開の分野です。症例によっては、とても有用なので、普及してくることに期待しています。
起因未来予言で、インドにいる腕の立つ医師がITを経由して世界中で手術をこなすというのがありましたね。

そのような時代が訪れつつあります。
私たちは飛行機に乗らなくても世界的権威の手術を受けることが可能になるのでしょう。
ただし、お金はかかると思いますが・・・。
VR関係の研究をしていると、いかにインタラクションを取るかとかを考えがちですが、なるほど、適切な可視化が出来るだけで価値があるんですね。
この辺りの既に簡単にできることと、実ニーズとの間のギャップをもっと埋めたいところです。
VR元年と呼ばれているが、VRがゲームだけのものならば小さな元年に終わる。その応用領域がこのように医療に認められ、さらには教育や企業サービスなどに広がることが求められる。
その際のポイントは高精細化やリアルさよりも、安さ、簡便さだろう。それが利用の敷居とコンテンツ制作の敷居を下げ、ようやく元年っぽくなるのだろうと思う。
これはいい話
素晴らしい!VRが持つ可能性の中でもすごく期待したいところ。
技術は、明確なアプリケーション先のニーズに結びついてはじめて、発明からイノベーションになる。
素晴らしい技術の活用事例ですね!

こういう、腕のよい良医が先端技術を活用することでモデルケースが次々生まれることを期待します!