新着Pick
222Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
良記事です!技術者が生活者視点で考えるようになれば、よりいいモノ・コトをより早く提供していけるわけで、企業も個人にとってもメリットがありますね。そうなっていくと文系出身者こそ、生き残り為にT字型人間にならないといけませんね。
竹内先生のブログではいつも勉強させてもらっています。この記事も本当にその通りだと大変勉強になりました。文系がメインとされている銀行でも、ここ20年位で、数理的な理解が、経営に携わる者の多くに必要となっています。仕事上法律やマネジメントの入門書、実務書を読むことが多いですが、こういうものは理系の人にもわかりやすく作られている文献が増えています。しかしながら、数理ファイナンスの本などは、これでわかるのかとゆう内容の本が、いまだに溢れており、逆説的ですが、文系が理系分野の学習をするということを阻害している、または進んでいないことを示していると思います。入門書と言いながら、直感的に確率微分方程式を理解させる方がいまだに出ていないように感じていて、それは理解している人がいないからなのか理解させる気がないなのかが分かりませんが本格的に取り組んでいないことを示唆していると思います。その点で理系の人の文系の勉強は進んでいると思います
アメフトやると良いと思いますよ。

技術 = 個々の選手のフィジカルやテクニック

マーケティング = 戦略、戦術

ってのが良くわかると思います。

勝つためには各選手に両方必要です。
この連載について
NewsPicks編集部が、経営者だけでなく、クリエイター、研究者、文化人など、各ジャンルで異彩を放つ人々をピックアップ。彼ら、彼女らの仕事や自身の生き方に対する思いを聞く。