【竹内健】変わり続けることが、激動の時代を生き抜く術

2016/3/27
異才の思考」第6弾に登場するのは、東芝でフラッシュメモリの開発に携わり、同社の主力事業として成長する技術を生み出した竹内健氏だ。同社退職後は、スタンフォード大でMBAを取得し、大学の研究者に転身。現在も半導体分野で世界と渡り合う研究を続けている。
近著『10年後、生き残る理系の条件』や自身のSNSでは、東芝をはじめとする日本企業や、技術者が抱えている課題について分析している竹内氏に、業界とエンジニアを取り巻く変化、そして不確実性の高い時代を生き抜くために必要なことを聞いた。
マーケティング的視点が不可欠に
──初めに、『10年後、生き残る理系の条件』を出版した経緯から伺えればと思います。
竹内 数年前から企画として進めていたのですが、なかなか執筆は進んでいませんでした。その中で、私がかつてエンジニアとして働いていた東芝の「不適切会計問題」が起きたことが、再び書き始める大きな理由となりました。
この不祥事を外から眺めることで、エンジニアがどのように生き残っていくのか、また企業がどうあるべきかについて、まとめようという思いが強くなったんです。
──本書で、エンジニアは技術だけでなく、マーケティング的な視点が不可欠であるとしています。
初めに考えなければいけないのは、産業を取り巻く技術の進化と競争が非常に激しくなっていることです。
私が東芝に入社した1993年に主力産業だったのはDRAM(半導体のメモリの一種)で、世界トップのシェアを持っていました。フラッシュメモリ事業はまだ始まったばかりの時期です。
ただ、そんなDRAM事業も、海外との競争に敗れると一気に衰退して、10年も経たずに撤退することになりました。これは、私自身も想像がつかないことでした。
現在も、半導体メーカーの間では熾烈な競争が繰り広げられていて、業界のランキングは数年で変化しています。それは、スマホゲームでmixi、GREE、DeNA、ガンホーなどの順位が入れ替わるのと同じような状況です。
その中で、商品とそれをつくる技術やエンジニアがコモディティ化する速度は年々速くなっています。
たとえば、パソコンやスマホは、OSやCPUなどのコアに関しては、インテルやクアルコム、マイクロソフトなどの企業によって寡占化される一方で、こうした部品を組み立てる産業に関しては「組み立てるだけ」にすぎなくなってきています。
そして、製品開発をはじめとするビジネス環境も急速に変化しています。