NPバナー.004

混乱下の躍進

日本対アフガニスタン戦が持つ、もう一つの「意味」

今日(24日)午後7時半、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本対アフガニスタン戦が行われる。正直なところ両者には力の差があり、昨年9月の対戦では日本が6対0で圧勝した。

現在、日本は予選E組の首位に立ち(勝ち点16)、対するアフガニスタンは4位(勝ち点6)。日本代表のホーム試合の前売り券が約4年ぶりに完売しなかったのも、勝敗の行方が見えているからだろう。

ただし、ピッチの外に目を向ければ、この試合にはサッカーの枠を超えた大きな意味がある。

代表が担う社会的役割

アフガニスタンでは政情不安が続いており、外務省海外安全ホームページでもレベル4の退避勧告が出されている。そういう難しい状況の中でチームを組織し、予選に参加しているだけでも称賛に値することだ。

アフガニスタン代表を率いるペタル・セグルト監督(クロアチア出身)は、試合前日のミックスゾーンでこう語った。

「日本の選手たちは、サッカーだけに集中すればいいだろう。一方、私たちは違う。それ以外のことに多くの不安を抱えている。だが、それだけに今の代表には社会的に大きな役割があるんだ」

南アジア選手権で初優勝

アフガニスタン代表が国の大きな希望になったのは、2013年のことだ。