新着Pick
334Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
編集部から聞いてた登場がまさかこんな形とは(苦笑)

すごくコメントしづらいですが、個人の話はさておき記事にコメントをすると、
マネジメントに関しては、本当に環境によって大きく方法論が異なるので、
・合目的性
・最適解への迷いなき実行(自分の常識をunlearningできるか)
が重要だと思います。

海外で失敗する企業はこの点がおそらく一番の原因。
マッキンゼーにいた頃、すごくびっくりしたのは、愚痴を言う人がほとんどいないこと。そもそも愚痴は生産性が低い、みたいな。「イシューからはじめよ」で有名になった安宅さんの名言の一つが「世の中には悩みなどない。あるのは課題だけだ」という言葉で、さすがのマッキンゼーメンバーにやや引きしていたのを思い出します笑

事業会社やベンチャーに飛び込んで思うのは、「愚痴は言っていてもいいけど結果出せ」というのはよくわかる一方で、愚痴を言っている人は早かれ遅かれ生産性が下がって結果が出なくなってくるし、あと愚痴は恐ろしいほど早く周囲に伝播する、ということ。放っておくより早く愚痴を発散させてその人の生産性をあげて周囲への伝染を止めたほうが、組織としてのアウトプットはよりあがると思う
南場さんに関して一言補足させて下さい。ご本人にはちょっと言いにくいので。
南場さんはマッキンゼー時代はアルウェイン、今はガラドリエルな感じです。
モチベーションについては立場によって見方が異なるということで良いと思います。私も社員であった頃は会社にモチベートしてもらおうなどと露ほども期待してなかったですし、正直余計なお世話で成果を出せばそれで良いという主義でした。ただ、逆に経営側に立つと仮に社員のモチベーションが落ちているのはこちらの手落ちくらいに考えなければ自分自身の成長がないなと思うようになりました。もちろんマネジメントの仕方も十人十色なのでどれが正解ということもないですが。
あらためて波頭さんだからできる対談だと感じる点が随所。

マッキンゼーとDeNA時代で、南場さんもマネジメントスタイルが変化があったそう。
厳しくてしても変わりがある大手と、今いる人材で最大限活かす努力するベンチャー。

私も、「愚痴や泣き言をじっくり聞いたら、成果を出す子もいる」の因果関係が知りたいです(笑)。
普段よく見る天性の広告塔のようなインタビューと違って、素の南場さんが見えるので面白い。マッキンゼー時代の怖さが半端ないですね。しかし、ご本人も言っているようにパートナー(共同経営者)であっても確立されたブランドと優秀な人が途切れなく入ってくる仕組みに乗っかっていただけだった、ということなんでしょうね
そして、「ピーピーはやめろ」と言いながらバスに乗せることを決めたら最大パフォーマンスを出してもらうためにいくらでも聞く、というのもある種の超合理主義で大変よくわかります
いい人財がどんどん入ってくるマッキンゼーと、バスに乗せて走らなければならないDeNAとでは、メンバーに対するスタンスが大きく違うのが印象的でした。でもどちらも仕事をしやすい環境をつくるためという点ではブレてないですね。人財がトップマネジメントの戦略マターというのがよくわかった対談でした!
この記事を読んで、南場さんの下で働けないことがわかりました。過去、同じように暴言(その方の口癖は「死ね!」でしたが)を連発する上司の下で働いたことがありますが、正直、気持ちいいものではなかったし、優秀であっても、彼と仕事をすること自体、限られた人生の中で時間的に非常に無駄な気がした(精神的にはかなり強くなりましたけど)。

今回も、たぶん「カス」って言動で人間の尊厳を傷付けられる気がして耐えれないだろうな、と。そう考えると、やっぱりマッキンゼーの方々は精神的にもタフだな、と思ってしまいます。
南場さんにカスに近い言葉を何度かいただいたことがありますが、常にヒトではなくコトに向かってるからそんなの気にならないんですよね。そういえばこの文中に出てくる任くんとD新卒代表で飯をくって守安さんにボロカス言われた思い出があります。そのあと一緒に韓国中国を盛り立てたのはいい思い出。コトに向かいさえすればいろんな事は些細なことです。
マッキンゼー時代の南場さんの部下になってみたいです。ボロカスに言う上司に震えますけど、何クソって奮起すると思う。20代限定ですけどww
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。