新着Pick
267Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
分からないが、たぶんロボットで将来的に可能性があるところは一気に青田刈り的に買収したのだろう。そのうえで、実際に仕事をしてみて要素技術が合致したり、社風としても合致するかを見て、取捨選択をしているフェーズ。
逆に取捨選択をできるくらいまでに、ロボット事業がGoogleのなかで進んでいるという示唆の可能性もあるかもしれない。
全く、すべて腑に落ちます。私の以前のGoogle-BDニュースへのコメントで、ボストンとシリコンバレーの哲学の違いについて書きましたが、日本のシャフトも確かに似ていて、瀧口さんと同意見です。
とても分かりやすいまとめでした。
企業としては、採算性のいいところに注力するというのは最もだと思いますが、一方で、Googleが人とロボットとの新しい関わり方の形みたいなものを提案してきてくれるかと期待してたので、その意味では残念です。
シャフトどうなるんでしょう
Googleは、産業用ロボットに特化するとのメッセージだと思う。Google幹部に、あの動画は受けが悪かったとも聞きます。
買えたら欲しいけどね
そうかんがえるとあのアトラスの動画は投資家向けのマーケティングだったか。うまい。あれだけで価値が上がるだろう。
下記記事で盛り上がったが、トヨタも売却先の候補としてあがっている。

https://m.newspicks.com/news/1452742/
ボストン・ダイナミクスの技術は非常に面白く、注目しています。研究から市場化に至る「死の谷」をどう乗り越えるかですね。
タイムリーな記事。ボストンダイナミクスのロボットが実用化から遠いため売られたとなると、目先ロボットで最も期待されるのは、こちらも先日動画が公開されたディープラーニング用いて自立学習するアーム型のロボットかな。
決断が恐ろしく早い。経営者ならびにM&Aチームが勝った会社を野放しにしないということだろう。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
この連載について
ロボットの最新動向をシリコンバレーからお伝えします。