新着Pick
1191Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
山崎さんが記事で回答されていらっしゃる通り、大学ではビジネスに役立つ科目も多いですね。例えば、文学部だとしても他の学部の科目を聴講することは可能だと思いますので、学部を越えて受講してみるのも良いと思います。

無駄なことはないと考えている楽天家の私ですが、学部時代にやっておけば良かったと思うことは次の点です。インターンなどをして「外」との接触を増やす。英語圏に留学する。「??」と思う授業は早々に見切りをつけて、その分違うことに時間を割く。「お金」の知識をつける。

今振り返ると、どうして真面目に最後まで受講してしまったのだろうという授業がいくつかあります。笑
基礎学力の強化は本当に重要だと思います。

最近、教養の重要性が声高に叫ばれるようになっています。
すぐに役に立つ学問はすぐに役に立たなくなると言われるように、ビジネスに直結する学問はあっという間に陳腐化してしまう恐れがあります。

楽しみながらじっくりと基礎学力を付けることができるのが大学生活の醍醐味ではないでしょうか?
自身としては、大いに反省していますが(^^;)
学生時代、同志社の中では圧倒的に意識が高い方だった自負があるが、色々な経験をしてきた中で、社会人になった今も心に残っているのは、大学で学んだ内容じゃなくって、そこで出会った仲間たちと馬鹿みたいに遊んだ思い出ばかりでした。
テニスの同好会も同期に誘われて社会の役には立たないけどなーって思いながら所属してましたが、あの仲間とワイワイ遊んだ思い出は、後になって考えると最高の思い出でした。

何が言いたいかというと、人生一度きりなんだから、一見無駄に思えるかもしれなくても最高に楽しいと思うことをやり続けることが一番大事だと僕は思っているということです。
こういうのは自分の経験からしか語れないので自己正当化っぽくなるのは仕方ないとして、個人的には山崎さんがくだらないにあげた(6)サークル活動(合唱団)、(7)アルバイト(飲食店)、(10)同窓会などは今の自分に大きくプラスになっていると感じますし、今の学生にも普通にオススメしますけどね。
ただ、サークル・バイト・遊びに費やした機会費用として、英語が身についていないとか、本来あったはずの面白い先生や授業に出会えなかったということはもちろんあるんでしょうね。その意味で「時間」が資源というのはまさにその通り。でもこれは自分も含めた年寄りはそう思いますが、当の学生は気づけないことではありますし、逆にあまり「時間がない、時間がない」と焦ったり生き急ぐのももったいないので、さじ加減が難しいところですが
「今、もし学生だったら、プログラミング、ホンマにしてみたい?」と言われたら、「うん」と答えると思います。学生時代はまだWindows95時代で、プログラミングがどころかPCもろくに使えなかったですので。アプリとか作ってみたい。

-原文-
大学1年生の1年間は「死ぬ気で」プログラミングの勉強をする、という意見には賛成。むしろ、もう少し突っ込むとプログラミングの基礎を学んだあとに、データ解析の分野に足を踏み込めるとなお素晴らしいと思います。ビジネスの現場で聞く声として、ビックデータの活用が叫ばれていますが、このデータ解析を出来る専門家が圧倒的に不足しており、この能力を持つ人がかなり重宝されています。独立されてもデータアナリストとして仕事に困っていないようです。

専門家になる必要はないですが、この辺りの知識があると、NPが特集までやっている「就活」なんてぶっちぎれるでしょう。
大学時代に読みたかった内容です。
残念ながら、私は、時間が資源という考え方を持てなかった大学生でしたので、もっと英語などをやっておけばよかったと、今だに後悔しています。後悔する時間が出てきてしまうのは、今でも資源の有効活用ができていない証拠ですね(笑)
大学の教員の身として、大いに活用してもらいたいです。大学に入りたての頃の知識はまだ狭いので、勢い込んで質問に行ったら空回り。ということもあるかもしれませんが、空回りでもなんでも、やる気があるというのは伝わるのでウェルカムです。

大学を移って、外から自分の出身学部を見たときに、その教員陣の豪華さに気づきました。中にいて普通に授業を受けていると気づけないことは多いですが、とても貴重な体験のできる環境にいるというのは、意識した方が得だと思います。
個人的に大学時代は無駄に思えることでもやりたいことは何でもやってもっとたくさんの失敗をしておけば良かったと思います。人生の糧となる失敗や挫折は多いに越したことはないと思う今日この頃です。
一番貴重なのは時間。まさにその通り
後悔したことはないかな。

とりあえずいまのところは全部今に繋がってると思える。