新着Pick

カジノ特命チーム業務凍結「五輪に間に合わぬ」

読売新聞
政府は、カジノなど統合型リゾート(IR)の推進役を担う内閣官房の特命チームの業務を当面、凍結する方針を固めた。
330Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
シンガポールのようなカジノを中心にした社交とアートの空間をお台場につくるつもりでした。それが潰えたので大阪でやれればと思ったのですが、残念です。たぶんこれで終わりではなく、必ず復活すると思います。しかし東京五輪までにできないのは情けない話だ。外国人観光客数の増加がGDPに寄与することはわかりきっているのに。
観光立国として、絶好のPRの機会を逃してしまうとは…
しかも、任は解かないとはいえども、実質的なチームの解散であり、導入検証も止まってしまうかもしれないと考えると、もったいない。

ギャンブル依存の議論については、パチンコよりもずっと足を踏み入れるハードルは高く、また透明性も高いので、きちんとグランドデザインを設計できればそれほど問題にならないのではないかと考えている(シンガポールのように自国民から入場料をとるとか、それこそ他国の事例を検証してほしい)。

このカジノについては、年明けの下記記事でも盛り上がっているので、参考までに。
(参考)カジノ解禁、今国会も見送り=参院選控え与党慎重
https://newspicks.com/news/1349659
公明党への配慮でしょう。
間に合わないから検討中止って酷過ぎる。スケジュールも含めて検討してなかったのか。酷い酷過ぎる。
こういうスピード感の無さはどうにかならないものか。。
オリンピック口実でできなかったらもうダメかもしらんね
シンガポールでも、自国民は入場が制限されている。観光資源重視で進めれば、ギャンブル依存症の制御は可能なはず。前に進めない症候群の増加の方が心配だ。
先乗り調査しようと思って昨日までマカオ行ってたんですが。
やらないなら早く言っといてよ〜
残念。五輪も重要なタイミングだが、それに間に合わせるのが目的ではなかったはず。
本当に残念な結果。