新着Pick
98Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
いまの日本には、これからどんな国になるのか、何を目指していけばよいのか、そういうビジョンが見つけにくい。それを考えるのは必ずしも政治家の仕事ではない。メディアの役割は大きい、のだが、メディアは家長の意識が薄く、予定調和の批判に甘んじているのではないか。
合計23回に渡った「テレビの次:season2」も最終回。長らくお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

ソフトバンクによるスポナビライブの発表など、連載中にも、ビッグニュースがあり、発見が多い連載でした。

テレビメディアは今、岐路ですが、やはりポテンシャルは絶大。テレビが元気になれば、ほかのメディアにも刺激になって、メディア全体が盛り上がるはず。今年が大きな変革の始まりになってほしいですね。

今後もテレビや動画はしっかり追いかけていきたいと思います。
『テレビの「次」』、壮大な企画になりましたね。佐々木編集長、お疲れ様でした。この企画はテレビの未来を論じるだけでなく、主要メディアとしてのポジションなシフトしていくネットメディアの課題や問題点も示唆してくれました。
日本人は何でもかんでも二項対立にしたがるので、ややもすると「ネットはテレビを殺すのか」的なタイトルや記事に釣られる人が多いのですが、最後の猪瀬さんのインタビューにもあったように、テレビとネットは対立するものではありません。歴史的にはテレビが先に登場したのですが、もしこれが逆だったら、「テレビがネットを殺すのか」などと騒がれるに違いありません。
テレビは存在することが当たり前すぎて、ついその特性やパワーを見失いがちですが、多くのIT企業の方々が認めるように、リーチの力ではネットははるかに及びません。
ただ周波数に限りがあるので、ネットのように誰でも参加できるメディアではありませんが、これからは様々な形で、テレビとネットは共存しシナジーを発揮していきます。ホントに面白いのはこれからです。
キャスターやジャーナリストが提案、実行まで関わり「責任を取れ」とのこと。果たして、それが吉と出るのでしょうか。

少なくともキャスターは情報を伝え、進行を担う役割なのではないかと勝手に理解しています。例えば古館さんは、結構自身の意見も言っていましたが、むしろ情報に色がついて伝えられることに個人的にはストレスがありました。

朝まで生テレビのように、「この場は意見を闘わせる場だ」と明確にしているものは、視聴者もそれを前提にしますが、それ以外でキャスター、ジャーナリストが提案、実行して責任を負っていたら、メディアとしてのバランスを崩すのではないかと危惧します。

猪瀬さんには表面的な批判に終始しているメディアへの危機意識があり、そこへ切り込むべきだという提言なのだと思いますが、少し気になりました。
やっぱり、田原さんと、池上先生なんだよなあ。まったく同意。田原さんについてはいろいろいわれているけど、微妙にタイミングがずれたりするのは、ちょっと耳が悪くなられているからだと思う。頭のキレはいまも冴えていらっしゃる。池上先生は、抜群にわかりやすいうえに、ゴールデンの枠で、その枠をキープできる数字でニュース解説をできるのがすごいし、そこにはある意味で日本の地上波の面目躍如たるものがある。
「左翼系キャスターは...楽なんだよ。だって批判をすればいいんだから」つまらないコメントよりももっと深くに切り込んだトークができる人間の方が面白い。田原さんは先日、「僕のインタビューがきっかけで失脚した失脚した総理大臣が三人いる」と仰っていた。それくらいが良い!
テレビに面白みがない理由の1つは、確かに偏った批判に徹していたり、二男三男的なコメントに徹しているところがある。テレビ局も、テレビに出演する人間も、家長というマインドセットを持って、責任を取った報道をして欲しいと願っています。
猪瀬さんの「昭和16年夏の敗戦」や立花隆さんの「田中角栄研究」にあたるような作品が福島原発事故から大分経つのに出ていません。メディアの知力が心配です。NPのような参加型メディアにも多いに期待しますが、簡単な処方箋はテレビと新聞の分離でしょう。新聞、テレビともに独立独歩になる必要があるはずです。
そうか。田原総一朗さんはスタートアップだったのか。破壊的イノベーションという言葉は似合うな。
誰も続く人間がいない、と言われてNPの誰かが「ワイやで!」と出てきたら面白い笑。
この連載について
今、テレビの世界、特にドラマの世界が大きく変わりつつある。フジテレビ、フールー、日本テレビ、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)などのキーパーソンへの取材を通して、テレビ・動画の制作と流通とビジネスの「次」のかたちを考える。