新着Pick
469Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は「もう少しベンチャー企業の人気が高くても良いのではないか」「就職活動生の周りにいる大人は、親御さんを中心に大手企業を勧めすぎではないか」と感じています。

後半はそんな私なりのマクロな視点を踏まえて、メッセージをさせてもらいました。当然、意識的なものも無意識的なものも含めて、ポジショントークもあると思います。イベント当日は三菱商事の下村さんもいらっしゃって、私がベンチャー推ししないとみんな商社に行っちゃいそうでしたし(笑)

就職活動は、本来ミクロな視点で一人ひとりの個別性に対応すべきものです。全員がこの3つの観点で会社を選ぶなら、みんなメルカリに行った方が良いことになります(笑)当たり前ですが、今回の3つの観点にあてはまらない企業でも、人によっては素晴らしい就職先になりえます。

色々なメッセージを読んだ上で、自分に一番しっくりくる視点で就職活動を進めてほしいと思います。明日以降のイベントレポートとも合わせて読んでもらえると良いかと思います。

また、就職先を選ぶのと同じ、もしくはそれ以上に、就職先でしっかりと働くことが大事です。

例えば、自転車に乗ると「行きたいところに早く着ける」「風が気持ちいい」「景色が開けてきてキレイ」など、沢山の良いことがあります。

ただ、補助輪を外したばかりの練習中には、そのようなことは一つも味わえません。それを味わえるようになるためには、時に転んで膝を擦りむきながら、乗れるようになるまで乗り続けなければいけません。

しかし、その練習中に「自転車に乗るのは、私のやりたいことではない」と判断して、辞めてしまう人も多い。

まずは仕事の面白さを味わえるようになるまでは、腹を括って仕事をすることも大切だと思います。「自分探し」よりも「自分創り」をおすすめします。
【東大・早慶の就活:season2*6回目】3月8日と3月15日の2回に渡り、就活生を応援する就活セミナーを開催しました模様をお届け。今回は、リンクアンドモチベーションの麻田耕司氏の講演録です。麻野氏は「本当に『やりたいこと』をやることが一番大切なのか」という論にきりこみます。

「やれることが少ないから仕事がつまらない」のではないか、と。

そこで、若いうちは、「自分探し」じゃなくて「自分創り」をする、キャリアのつくり方も良いのではと提案します。

その詳しい内容に付いては本文をお読みくださいませ!
面白かった。僕が学生にいつも話すのは、意思決定の大きさではなくて、意思決定の回数を入社した瞬間から沢山積める会社に入りなさいと。GRAに興味がある人はいつでも声をかけてくれ。
「自分探し」ではなく「自分造り」、いいですね。この言葉、しっくりきました。天職なんて探したってないよ、と。最初は何かのきっかけや、ちょっと好きだなと思って始めたことを、この道で人生を懸けてみようと心に決めて、努力して天職にしていくもの何だと思いますね。自分で作るのが天職なんだ、と。
食傷気味の論点だがやりたい事よりやることを増やす、成長率、平均年齢、あらりりという麻野さん主張はよく分かる。
ちなみにこの手の議論は「ベンチャー」が何を表すのかいつも曖昧なのでもう少し分けて議論した方が良いですね。一方はDeNA、サイバーのようなメガベンチャーを指していて、他方ではスタートアップどベンチャーをイメージしてたりするので。メガはさすがに行き過ぎで、伸び盛りということでスマニュー、メルカリくらいのことをイメージする人も多そう。
また、伸び盛りのラーメン屋チェーンに入るべき、という人は少なそうな感じはするので、基本はIT、ネット系企業、と言い換えたほうが良い気もします
「やりたいこと、やるべきこと、やれること」の3つが満たされていれば、モチベーションを高く持って働けるというモチベーション方程式は、ピータードラッカーがしたWill-Can-Mustですよね。これは本当にその通りだと思います。

僕はやっぱり、大手企業か、ベンチャーか、という二元論は不毛だと思うんですよね。もちろん、大手は大手なりの、ベンチャーはベンチャーなりの傾向と対策はある。けど、大企業の中にもカルチャーがベンチャー的な大企業はあるし、ベンチャーの中にもカルチャーが大企業的なベンチャーはある。

だからこそ僕は「価値観が自分に合っているか?」で選ぶべきだと思っている。やりたいことは常に移ろうが、世の中から求められるスキルも常に移ろう。ブレないのは「自分がどうありたいか?」(ToBe)です。

だからこそ、自分のありたい姿がその会社では実現できそうか?ありたい姿が共通してる先輩はいるか?そういう視点で企業選びをすると後悔が少ないと思います。
とてもしっくり来る。記事に私見を追加すると、「やりたい」「やるべき」「やれる」というのは、相乗効果だと思う。「やれる」(成果を出せる)から「やりたくなる」というのもあるし、表層ではなく実務をやってこそ「やりたくなる」(仕事の意義が分かる)、「やりたくなる」から「やれる」(能力をつけることに貪欲になる)というのがある。だからこそ「やれること」を増やせる環境は強いし、やれることが多い人のほうが、「やりたい」への感度も高いし「やるべき」への対応も出来るから、転職する際においても価値が高くなる。
後半部分に関して、いくつか天邪鬼なコメント。大企業のほうがベンチャーよりそもそもの金額が大きい。なので、そういう観点では早くから金額規模で大きな仕事を任せられる可能性がある。平均年齢に関しては、国Ⅰ突破すれば早くに年齢が上のメンバーを持たないといけないケースが多い。粗利率に関しては、例えば商社は取引を仲介する場合には粗利率が低い。一方で、金額自体が大きいので、粗利額ではベンチャーより高い場合も少なくない。あと、どんな仕事でも、他の人の協力や先人の努力があってこそ出せる利益であり「自分がこれ全部出したんだぜ!」的なノリは、ほぼ間違いなく足元すくわれる。
どんな事象にも両面ある中で、最後は「エイヤ」で決めて、その環境で出来る限り多くを与えながら得る、そうすれば大体未来は開けてくると思う。
新卒として最初に選ぶ企業は、自分に自信があるのであればベンチャー企業に飛び込んでほしいし、「ちょっと自分にはそこまで自信ないかな」というのであれば、ベンチャー企業でインターンとかしてから、ベンチャー気質を持った大企業に行ってほしいと思う。

上記の選択の基本にあるのは、最初に圧倒的な成長ができること。

やりたいこと(Will)、やるべきこと(Must)、やれること(Can)の3つのうち、実はやれること(Can)を増やすのが大事というのはその通り。なぜなら、やりたいこと(Will)というのは多かれ少なかれ変わっていくものだから。あと、新卒で入社してから10年も経つと、やれること(Can)でマーケットからは判断されていくようになるので、早くやるべきこと(Must)をしながらやれること(Can)を増やしてやりたいこと(Will)を見つけて、このWill/Can/Mustのサイクルを最初の10年で一回しすることが重要(それによってWillとCanが重なる状態を早く見つけると自分の成長サイクルに入ることができる)。

ちなみに自分はコンサル→(ベンチャー気質の)大企業→ベンチャーときて、直近の選択では①(会社としての)ビジョン>②(組織の中での)仲間>③(チームとしての)仕事(の内容)>④(個人としての)報酬、という優先順位で転職を決めました。でも自分が新卒だったら③が一番重要だったと思うし、今はさらに②が重要性を増しています。何にしても、自分なりの価値基準を持つことが大事ですね。
https://newspicks.com/news/1123153/
色々調べた結果であれ直感的にであれ自分の興味が湧いた企業こそ行くべき場所。紋切型に大企業かベンチャーかなどを気にする必要はないと思います。入社してどうしても合わなければ次を考えればいいだけですし。
「成長性×平均年齢×粗利率」が、いい会社を狙え。分かりやすいですね。

若いうちに成長させてもらう環境ではある。
ただ10年後に平均年齢もあがる会社になっているかもなので要注視。粗利率は業種をせばめますね。

ただ、上記指標は若手に投資しやすい会社。
この連載について
東大、早大、慶大──ハイエンド大学生──の就活に異変が生じている。特A層はすでに外資、ベンチャーなどから内定を獲得。インターンでさらなる社会経験を積みながら、総合商社など本命企業への就職活動に備える。また、リクルーター、新卒人材紹介会社との接触機会が増える一方で、就活ナビサイト離れに拍車がかかる。2年連続で開始時期が変わり、カオスと化したニッポンの就活は、どこに進むのか。その最先端を追う。
株式会社リンクアンドモチベーション(Link and Motivation Inc.)は、東京都中央区に本社を置く、経営コンサルティング会社。 ウィキペディア
時価総額
709 億円

業績