新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小分けにする流れは高齢化によるもの。
コンビニは関係ない。
完全に記者の思い込み。
てか、大手百貨店の経営者でコンビニを競合視している人に一度も会ったことがない。
デパ地下は活気がありますよえね~。
上のフロアとは全く雰囲気が異なって、呼び込みの声もあちこちから聞こえてきます。
あのお祭りの雰囲気についつい引き寄せられそう(^-^;
デパ地下はコンビニ化は図っていないはずです。ライブ感、季節感の演出による高級感を売りにする方向ではないでしょうか。
すごく楽しそうだし、良いインプットになりそう。
百聞は一見にしかずなので、デパ地下ツアーしたいです!
コンビニ意識というより、デパ地下で購入する客層に小分けニーズが高いだけです。まだ、今までは中食が外食市場を食っていましたが、外食→中食の流れが加速中なので、益々変化していくと思います。
わたくし、行き詰まるとデパ地下に足を運んでそぞろ歩きをしている者です。日本のデパ地下はこの世の天国です。なんでもあって、美しい。住んでみたい。以前はよく外国から客が来たら連れて行って驚かせていました。もったいないので今はもうしません。もう少しすいていたら言うことはありません。年寄りから一つお願いがあります。1時間1万円ぐらい取っていいので、何つまんでもいいコースを設定していただけないでしょうか。
デパ地下がコンビニを意識しているというのも面白い話。それだけコンビニのPBのクオリティが上がってきているということでしょ。成城石井もPBを強化するということで、消費者にとっては選択肢が増えて楽しい。

成城石井、今春から高級PB 高品質の食材で独自商品
https://newspicks.com/news/1455266
デパ地下の活気に触れたくて、行く時があります。そしていつの間にか、何か買ってます。笑
デパ地下とコンビニを比較するのはおかしい。今日はセブンイレブンと近鉄の地下どっちでお惣菜買おうかな・・と考える人がどれくらいいるのか・・・
顧客層、価格帯、提供価値は全く違う。
もしデパ地下とコンビニを比較するのであれば、「違い」に着目することになる。

コンビニは、徹底して日常の便利の底上げを目指す。対するデパ地下は、非日常の祭り気分を周到に演出し、目的のものにプラスアルファする購買意欲を喚起しようとする。

コンビニは、毎日の買い物を冷静に行うところだか、デパ地下は週一回、月一回寄って気分を上げて買うところ。だから、家に帰って冷静な目で食べると、大して美味しくない割に高い買い物をしていたりする、