新着Pick
272Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「子供と遊ぶことが仕事の保育士に高い金払えるか!」っていう発想の年配の方々が政治を動かしてるんだから、動きが遅いのは当然。年寄りみたいに票にならないしね。

給料を一気に上げるのは無理かもしれないので、働き手を増やすことにフォーカスして、フィリピンの方に活躍してもらうって選択肢はないの?介護資格みたいな難しい漢字を覚える必要ないでしょ?
保育士って資格そのものに問題があると思うけど
結婚・出産を機に退職した保育士さんはたくさんいる。戻らない理由を聞くと、給与面より体力・時間がネックのよう。
そこをクリアできる方法ないかしら…
記事中、ぼくが社会取締役を務める保育最大手JPホールディングスが、保育士志望の学生に最大120万円の奨学金を出す制度を講じ、保育士を確保する努力を紹介している。こういうプレイヤーを増やす参入策とともに、財政措置を講じる。両面の対策が必要です。
保育、介護に関して同じ問題を抱えていると思いますが、この根本的な問題が解決しないとなかなか先に進めない気がします。
保育士という仕事が、若手女性の出産前の職業という位置づけであり続ける限り、保育士不足は続くでしょう。そのような職場はどこも人手の奪い合い状態。アパレルメーカーの販売員なども同じ。アパレルメーカーは短時間正社員制度などで、女性を囲い込もうとしている。この競争に保育園が活には、保育士自身の労働時間、待遇を改めなくてはならない。
労働環境は正にブラック企業ですな。

にも関わらず、いつも笑顔で対応する保育士さんに拍手喝采。
保育Pepperを入れれば解決するのかもしれないと考えてますが、乳幼児まではカバーできない
これ、保育園にこれだけニーズがあるので学童でもすぐ同じことが起きてくるのは容易に想像がつく。そして学童も同じように安い賃金で働く現状がある。