新着Pick
104Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日ホウドウキョクの「教育のキモ」に出演させて頂きました。テーマは「子どもの貧困と学力格差」。

昨年末、同番組でシニアコメンテーターをされている方からお声掛け頂き実現したものです。

毎週1回30分から45分間、このコーナーは設けられていて、その時々の教育領域で注目されていることが取り上げられています。

このコーナー以外にも、文科省や厚労省など省庁の担当者が出演してテーマごとに話すコーナーも毎週あり、地上波では視聴率の関係もあるのか見かけることのない取り組みをされていると感じます。

他のネットメディアと連携したり、地上波がリンクしてくるようになれば、今以上に面白い試みができそうです。
フジは今、地上波が大変なのにネットを始めとした新しい分野に果敢に挑戦している。そこは素晴らしいところと高く評価したい。苦しい時の試行錯誤は将来必ず成果となって返ってくる。
日テレはHuluを手に入れたため、それまでやっていたいろんな野心的な取組みが、逆に消極的になっているような印象。
他局より遅れていた感のあるテレ朝もサイバーと組んだAbemaTVで一気に積極的になった。
TBSはTVerに本気で取り組んでいる。
ただどの局も担当者、担当部署レベルでの対応で、未来戦略としての全社的組織での取組みにはなっていない。これからの数年間でどこが早く大きな戦略絵図を描けるかに注目。
【追記】テレ東が抜けてました。言っときますが僕はテレ東、大好きですよ。実は一番いろんな可能性があるんじゃないかと思ってます。アニメや紀行ものという明確な得意ジャンルがあって新聞の中では最もネットに強い日経の傘下。他のキー局のような変なプライドもないし、急激に変化できる可能性が一番高いんじゃないでしょうか。
ネットに進出するなら、まずは無料で幅広い層の閲覧者を集める必要があると思います。
テレビの発想から脱却すべきかと。
いきなり「課金」ビジネスは・・・無謀でしょう。
春からの大型番組を任せた経営コンサルが消えるなど、放送本体は泣き面ハチ状態であるが、都市開発、イベント、映画など放送以外のビジネスが頭抜けて強いフジ。そしてNetflixとの協業などネット展開も活発で、成果も出してきている。M&Aなどの戦略も進んでいます。
案外、いま放送が厳しいことが、事業の多様化やネットへのシフトを早め、放送局の次のモデルを作るのかもしれません。体力はあるので、守りより攻め、だと思います。
最終的には危機感を最も持つモノが外部環境の変化に対応できるのではないでしょうか。もはや傷を追わずにどうこうできる状況ではない。体力のあるうちに様々な取り組みをして失敗ももちろんあるでしょう。その中から最善な手を見つけて広げていって欲しい。時間の猶予はもう少しあると思う。
それにしてもキー局中心の切り口が多いけど、地方の放送局の危機感はハンパじゃないと思います。
「テレビ局の本質は報道」という山口さんの言葉がとても響きました。猪瀬直樹さん原作の「ラストニュース」のような、新機軸のニュース番組が出てきたら面白いですね。
FOD、プラスセブン、Tver、ホウドウキョク、ネットフリックス。。いろいろあり過ぎて何を使えば良いか混乱します。ユーザーとしては、まずは全ての動画コンテンツを一つのプラットフォームに集約して欲しい!
どんどんネットフリックス組んで新しいことに挑戦していけばいいと思う。一方で、「テレビ局の本質は報道」という言葉が深く突き刺さった。というのも、フジテレビは生放送こそ多いかもしれないが、報道局というイメージを持ちづらい。フジテレビとはこういう局なんだ!というのが早く見たいですね。
NewsPicksもプロピッカーをコメンテーターとして動画で報道できるまで成長したら面白そうですね。
山口さんはフジテレビの良心。報道出身であり、中途入社後彼に色々教わりました。一緒に取材をしたこともありますが、常に前向きに考え、実際に行動する人です。彼がいる限りフジは大丈夫と信じています。それくらい真摯に改革に取り組んでいるし問題をしっかりと把握されてます。問題はそれを組織としてフジが実行できるか、です。FODの好調は山口さんから再三聞いていますし、実際そうだと思います。課題は「ホウドウキョク」でしょう。テレ朝の「Ameba TV」と比較して見てみるとその違いが分かると思います。視聴者はどちらを見るでしょうか?24時間ネットニュースを掲げた前者と後者では全く別物のはず。「テレビの本質は報道」が具現化されているでしょうか?
追記)
小宮山PROが、教育論を「ホウドウキョク」で話したとのこと。こうしたニュースの深堀りはネットでしかできないでしょうし評価出来ます。ただ、ネットだけにとどめていてはもったいない。地上波との連動も進めてもらいたいですね。また、BSフジのプライムニュースとも。この資産はフジテレビグループにしかありません。うまく連携させれば、視聴者を呼び込むことができるでしょう。
この連載について
今、テレビの世界、特にドラマの世界が大きく変わりつつある。フジテレビ、フールー、日本テレビ、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)などのキーパーソンへの取材を通して、テレビ・動画の制作と流通とビジネスの「次」のかたちを考える。
株式会社フジテレビジョン(フジテレビジョン、Fuji Television Network, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域としたテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者。また、フジテレビONE、フジテレビTWO、フジテレビNEXTの衛星一般放送事業を行っている衛星一般放送事業者でもある。産経新聞や扶桑社などとともにフジサンケイグループに属している。 ウィキペディア