新着Pick
132Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicksにも言えることですが、有料サービスは拡散が難しい面があるだけに、どうやって「流行っている感」を出すかが大きな課題ですね。その意味で、街頭テレビは、目に見えて流行っていることがわかるわけで、すごいマーケティング手法だと思います。
テレビ局が仕掛けるのか?ネット企業が仕掛けるのか?

私はアマゾンプライム会員なので、自然にアマゾンサービスの延長で、プライム動画のサービスに流れていきます。ここ1〜2年の会員数増加のペースが鍵だと思います。
オリジナルドラマfujikoはかなりクオリティ高かった
huluは100万人の月額会員はスゴイ。
ただし、SVODはソフトバンクやAmazonなど、異業種からの参入により、急速にレッドオーシャンになってきた。他の事業とのトータルで儲かればいいから、リクープポイントをどこに設定するかが鍵なので、必ずしも単体で黒字化する必要はない。儲けより会員基盤でしょう。何しろ、放送局では直接ユーザーから課金できているのはNHKくらい。ストック事業の柱にすればいいと思う。
ちなみに記事中のAmazonプライムは月額3900円ではなく年額ですね。
立ち上がりのスピード勝負。コンテンツの囲い込みとネットワークづくりに加え、自社の会員数獲得のスピードと自社製作の量が勝敗を決める。米国では、会員数獲得競争やコンテンツの囲い込みが一段落した感があり、製作や放送をどこかに紐付することを避けようとするコンテンツ会社の流れが既に出てきており、自社製作以外の独占コンテンツの囲い込みがどんどん難しくなってくる予兆がでてきている。
シニア層にライフスタイルを変えてもらうってのは物凄く難しいですよね・・・

でもそこを何とかしないと成長速度は人口動態に合わせるしかなくなってしまい、10年以上かかってしまう。

シニア層向けのキラーコンテンツがカギになってきそう。
アメリカのHuluはDisney, Fox, Comcast (Universal)の合弁企業だからNetflixとAmazonとはビジネスモデルはちょっと違う。ネットワークで放送された番組を1日の遅れで見れる。ライブラリーからの映画、テレビ番組も見れる。オリジナルも作ってるけどけどあんまりクォリティは高くない。日テレの下でHuluがもっと直接競争するとどうなるのが見てて面白い。

In the US Hulu operates as a joint venture between Disney, Fox and Comcast and shows their programs 1 day after originally airing on their networks, so the business model is a bit different from Amazon and Netflix. Hulu also creates original content but so far none of it has been of any real value. It'll be interesting to see how Hulu competes with Netflix and Amazon on Nippon Television's direction.
先日、hulu船越雅史社長に授業にお越しいただき、根掘り葉掘り伺いました。Netflix、アマゾンといったアメリカ勢、LINAやCAといったネット勢を向こうに回して、テレビ局が映像プラットフォームを持つという挑戦。さらに、「フジコ」などテレビで流せない独自コンテンツの制作。日テレの戦略は日本の映像サービスの帰趨を左右すると見ます。
Hulu、なかなか大変そう。仕事柄、Hulu、Netflix、Amazonと契約してるけど実はほとんど見てない。頑張って地上波コンテンツを増やしてるが、地上波では一人勝ちでも1社だけでは限界はあるし。なんとか生き延びて欲しいですね。
Huluは一時契約していましたが、観るもの(時間も含めて)無くて解約してしまいました。
今ではAmazonのPrime Videoを主に観ていますが、年会費3900円のプライム会員という価格のお手軽さが皆に受けているのでしょう。

点で捉えるHuluと面で捉えるAmazonでは、プラットフォーマーとして幅広い顧客を獲得できるPrime Serviceに支持が集まるのは当然かという気がしています。
この連載について
今、テレビの世界、特にドラマの世界が大きく変わりつつある。フジテレビ、フールー、日本テレビ、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)などのキーパーソンへの取材を通して、テレビ・動画の制作と流通とビジネスの「次」のかたちを考える。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.88 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
95.1 兆円

業績

Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
13.5 兆円

業績

日本テレビホールディングス株式会社(にほんテレビホールディングス、英称:Nippon Television Holdings, Inc.)は、日本の認定放送持株会社。2012年10月1日に日本テレビ放送網が商号変更・会社分割を行って改組した。 ウィキペディア
時価総額
3,788 億円

業績