新着Pick
118Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
クオリティとコストをどこでバランスするか、ここはエンジニアと企画者の腕の見せ所でしょう。今回は「母艦」のコストについて言及されていますが、VRヘッドセットもPS4での最大限のクオリティを担保しながらも、多くの人が「手が届く」価格を期待したいです。
ワイヤードVRとモバイルVRという分け方が分かりやすいと思うのですが、
個人的にオキュラス、PSVRのワイヤードの領域では、普及の可能性としては、PSVRが最有力だと思っています。今記事にもあるように、常に「手に届きやすさ」を重視していて、かつチープなVR体験はダメで「リッチなVR体験を」というメッセージを発信し続けている。
現状発表されているVRのハイエンドマシンは10万円前後。ぜひPSVRは手頃な価格である程度のクオリティで提供してほしい。
今日価格発表ですかね。VR普及に弾みがかかるかの節目の日になりそうですね。
Oculusの劣化版がPSVRで発売されるという事態は避けて欲しい。
オリジナル作品で差別化しないとPSVRとして生き残れないでしょう。
あえて機能や技術をそぎ落とすことでビジネスケースを仕上げることはそれ自体がイノベーションだと思う

業績