新着Pick
104Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
色々な切り口で分析されていて面白い。当たり前だが、利益という観点では「やらないこと」を決めて、それが世界中に訴求できるモデルが強い。それが高級車であったり、富士重工であったり。訴求力があるので、元々価格交渉力がある。そして規模が相対的に小さいから現地展開をしにくくても、為替変動含めた価格設定できる。色々なグラフから考えると、マツダが単価をこれから上げていけるかはキーだと思う。
規模で、利益含めてしっかり追求できているのは、結論トヨタだけ。規模は、調達交渉力にはつながる。一方、その規模を追求していく過程での様々なひずみ(GMだったら年金や重複ブランド、VWだったら規模追求に伴うコンプライアンスの低下)が発生し、経営危機につながってきた。日産・Renaultも、ガバナンス含めてブレークスルーができていないといわざるを得ないだろう。
これからホンダ・日産Renault、スズキがどうなっていくかを、この記事やグラフから色々想像したい。
人気 Picker
勝ちパターンの勝ちとは、利益率の高さとすれば、グローバル型かつ輸出型が勝ちパターンという事にグラフからは見える。
Memo