新着Pick
182Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
パフォームが提供するコンテンツがどれだけ質が高いのか。そこに注目です。

日本のスポーツ(競技面+ビジネス面)を強化するために極めて大事なことのひとつがメディアの強化。選手も監督もプロなのに、取材する側はサラリーマンが多いという構図を、早く変えていかないといけないと思います。
日本でePlayerの存在感は長くやってる割にはまだ低い。とりあえずやってます、という程度だった。
ただし、ここ最近急速にコンテンツがリッチになってきた気がする。ここでも黒船襲来かな。
まったく知らなかった。他の国の文化のあり方って、知るのがすごく難しい。
スポーツビジネスはまさに権利ビジネス。そこが他のコンテンツとは大きく違うところ。オリンピックやワールドカップ、日本が世界レベルにある種目の国代表戦などを除けば、今の日本で千万人単位の視聴ユーザーを集められる種目は少ない。しかし数は少ないが「どうしても見たい」というユーザーも各種目ごとに確実に存在するのもスポーツ。権利獲得のためのコストと少ない固定ユーザーをどれだけ集められるかの天秤でビジネスの成否が決まる。
今人気がある種目の権利の所属は既にテレビ系がおさえているので、将来化けるかもしれない種目の権利を青田買いできるかだが、これが意外に面白い。日本ラグビーがあんなに急にレベルアップするなんて誰も想像できなかったろうし。
スポーツビジネスは長い視野でとらえ我慢が必要な世界。
あと電通との関係がどこまでのものなのかも重要なポイント。
各競技はどうやって大富豪に振り向いてもらうか、その競争に入っているのかもしれませんね。
既にSVODに千円以上払っている視聴者が更に更にお金を出すか?ソフトバンクは先手を打ったな。
PERFORM、すごい。ヤバい。もう日本には上陸したのかしら
結構権利は抑えているはずだが……
この連載について
今、テレビの世界、特にドラマの世界が大きく変わりつつある。フジテレビ、フールー、日本テレビ、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)などのキーパーソンへの取材を通して、テレビ・動画の制作と流通とビジネスの「次」のかたちを考える。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.3 兆円

業績

業績