新着Pick
686Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
法規制だけでなく、市場環境はまだまだ国ごとにだいぶ違う。シェアリングエコノミーが産業を大きく変えうるかは、シェアというアプローチがその市場環境に最も適合した問題解決のアプローチになっているか否かによる。

例えば、日本でのライドシェア/タクシーの場合、法規制がクリアされて、シェアや価格の自由化が実現しても、タクシーが大きく供給過多という固有の事情がある。日本のユーザとしても、必要な場所でタイムリーにタクシーが拾えないという痛みがない。既存のタクシー会社が、比較的模倣しやすいアプリでの配車を導入し、コストダウンの努力を続ければ、既存のタクシー会社が有利だろう。

シェアリングというのはあくまで、課題解決のアプローチであり、どのような課題/ニーズがあるかを起点に、どの課題解決のアプローチがベストかというのを模索する必要がある。
シェアリングエコノミーに関する法規制について、NewsPicksさんに取材いただきました。ライドシェア・民泊共に、現行の「業法」規制はもともとB to Cを念頭においた規制(Bを対象とする厳しい規制)となっています。シェアリングエコノミーはC to Cという全く新しい形であり、個人のドライバーやホストに対して現行の規制をそのまま当てはめることは実態に合わないのではないかという違和感を持っています。他方、ユーザーの安全確保・衛生面等も重要であり、バランスのとれた新しい仕組みづくりが必要だと思います。

具体的な方法は各種議論されているところですが、例えば記事でも触れられているプラットフォーマーの責任論については、法規制というよりも、市場競争原理の中での事業者間の自主ルールにより、より実態に合った柔軟な対応が可能になるのではないかと思います。

「そこでプラットホーム事業者間で自主規制のルールを定めたり、正当な取引が行われなかったりした場合は、プラットホーム側が損害を補填(ほてん)するサービスを導入するなど、安全性を高める取り組みがなされている。」
幕末の開国以来、日本は外圧によって社会制度を変えてきました。
それだけ既得権益が強固であるのかもしれませんが。

いずれにしても、今回も規制緩和で対応するしかないでしょう。
全体利益を犠牲にして一部の既得権を守るのは不合理です。
規制緩和は大いにすすめるべきではある。しかしこの2つは明らかに規制産業への参入である。ここだけ免許がいらないのは明らかにおかしい。
ならば、免許そのものを大幅に規制緩和するべきだと思う。
どんな理屈をつけても一方に規制を残すのは違和感がある。
UBERを認めるなら二種免許も不要にするべきだし、台数や料金に行政が関与するのもやめるべき。ABnBも同様。
しかし、それで品質を担保できるのかは大いなる疑問。
Uberも既存のタクシー大手に比べればドライバーごとに差がありすぎるのが事実。そしてそれに口コミを入れてもほとんど有効ではないのも事実。
黒船と日本勢の双方の視点で連載が組まれているので、楽しみですね。
この領域は、進歩が遅いようでも、着実に状況は変わっていきていますので、1年後に同様の連載が組まれたとしても、状況の変化やプレイヤーの気持ちの変化がよくわかると思います。
長期的にも、期待できる連載になればと思います!
内閣府の国家戦略特区会議に出席してますが、この手の議論は良い方向にしか動いていってないように思える。既存のサービス(タクシーやホテル運営)から新興サービス(UberやAirbnb)へと乗り移った当事者のの話も聞いてみたい!
楽しみにまっていた連載です。「規制産業とテクノロジー」という視点から、典型中の典型の課題です。シェアリングエコノミーはシンガポールで生活していると、日常的な選択肢です。特にマレーシア産「グラブ」(ライドシェアアプリ)は、ウーバーよりもかゆいところに手が届き便利です。人数が多いときは6人乗りや13人乗りの大型の車を呼ぶこともできます。

Airbnbは3月1日に赴任してから3軒を渡り歩きました。個人的な感想ですが、ライドシェアよりも、民泊の方が使う側にリテラシーが求められます。ライドシェアは、アプリで行き先まで指定して支払いもカードで完結できます。運転手と一言も交わさなくても問題がない場合が殆どです。

一方で民泊の場合は、まずは物件選びからコツと最低限の英語力が必要だなと痛感しました。レビューが多いだけではなくて、レビューを返してくれるホストはいい人がおおいですし、物件も良い印象です。

今回、2軒はどちらも良いレビューがついている物件でしたが、初めの物件Aのホストはゲストに対するレビューもマメに書いていましたが、物件Bはそれがありませんでした。物件もAは私もすごく気に入りましたが、Bはなぜこれがこんなに評価が高いのだろうか?と疑問をもちました。特に女性はこれは向かないだろうなという物件でした。3軒目はまったくレビューがありませんでしたが良い物件でした。

レビューの見方にはコツがあるなと実感しています。なお、Airbnbは誰でもレビューがかける訳ではありません。登録して実際に宿泊しないとレビューがかけません。もちろん、抜け道がないこともありませんが(知り合いに宿泊してもらって良いレビューを書くなど)、基本的には体験した人が書いているので信頼性は比較的あると思います。また海外での民泊は最低限の英語力が必要ですし、少し日数に余裕をもった方が良いという気もしています。

こうした体験とコツ、そしてASEAN経済・ビジネスに与える影響は、記事にしてお伝えしたいなと考えています。

シェアリングエコノミーは、体験すると色々なことがわかります。関心のある方は、是非試してみて下さい。観念的に議論していても、実態と離れてしまい、最終的には中途半端な落としどころになってしまわないか、心配です。
ホットなテーマで期待。ライドシェア、民泊はお決まりとして、モノのシェアでは、中古品という文脈でメルカリ、ヤクオクが選ばれているのが意外感がありますね
ただ、以前よりコメントしてますが同じ中古でもヤフオクよりもメルカリの方が更に「シェア」=保有でなく共有、という意識が強そう。この辺りにも切り込んでくれることを期待します
あぁ、表題の写真が何とも挑発的な(汗)
お互い議論を尽くして、最後はお客様の審判を仰ぎましょう!
Airbnbで儲けようとしたら、それこそ海外の方が主要顧客になるから、日本人の英語力や中国語が鍛えられるんじゃないですかね。実利に繋がると必死で外国語を勉強するようになるかも。

白タクについては、うちの妻のおじいちゃんが住む淡路島の北端とかタクシーすら走ってない。こういうところはクルマがないと致命的なので、ぜひ柔軟な対応をお願いしたいですね。

ホテル不足は深刻だし、今後の高齢化社会や地方の過疎化を考えた時、全部ダメじゃ多分回りません。ぜひ、是々非々で検討してもらいたいです。
この連載について
「フィンテック」「ヘルステック」「エドテック」など、今、テクノロジーの力を使って規制産業を変え、新たなビジネスチャンスを生み出す動きが活発化している。各業界の規制が既得権をもたらし、それゆえ国際競争に遅れをとっているとも言われるなか、果たしてテクノロジーは業界の未来を変えるのか。新興プレーヤーやそれを迎え撃つエスタブリッシュ企業、規制に精通する学識者への取材を通じて、規制産業の行く先を考える。