新着Pick
283Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
通信会社によるスポーツ参入は、ある意味、王道です。

英プレミアリーグも約51億ポンド(8,000億円超)で、2016年から2019年の放映権をスカイスポーツ、通信大手BTグループのBTスポーツが獲得しています。もはや差別化手段がほとんどなくなった通信会社にとって、コンテンツは貴重な武器になります。

http://sport.bt.com/

テレビでスポーツを観る際に、電波なのか、インターネットなのかをもはや意識しないような、シームレースな世界が日本にもどんどん浸透するはずです。
Jリーグとの大型契約ぜひやってほしい。プレミアリーグの再来を!
遂に動き出しましたね!
日本のスポーツビジネス構造の課題となっていた放映権収入が、今後どのような変化を遂げるのか、大注目です。
ちなみに、「バーチャル高校野球」の実例では、ネット放送実施後のTV視聴率は逆に増加したという実際のデータがあります。
今まで関心を持たなかったユーザー層が新規参入することで、TVとの共存もあり得る可能性を示す事例です。
相乗効果で盛り上がって欲しいです。
世界のどこに居ても、プロ野球/大相撲/メジャーリーグが見られるのはとても有難い。孫さんなら、スプリント絡めて野球以外の米国メジャースポーツや欧州フットボールを見られるサービスまでやってくれそう。楽しみすぎる。
Netflix+フジ、hulu+日テレ、CA+テレ朝、そしてLINEの攻勢で映像ビジネスがどう構造変化するか注目、と見ていたところに、スポーツというキラーコンテンツを従えて通信キャリアがドンと入ってきた。激震をもたらすでしょう。
サッカーに関して言えば、TV向けの権利も狙っているんじゃないでしょうか?
いきなり完全勝利にはならないでしょうけども、プレミアを持つJsportsとリーガを持つWOWOWは顧客を奪われる。
そうなると、放映権を払えなくなる可能性もある。
そこで、全権利を奪い取るかもしれない。

そうなったときに、Yahoo!は自由に権利を使えるわけで、新興勢力を駆逐してしまうでしょう。

そのうちソフトバンクがTV局も買収したりして。
マードック現象みたいになるのでしょうか?

ペイできると判断した根拠を知りたいな。

なぜ500円なのか。
まだまだ課題はあるとのこと。それでもとりあえず「やってみなはれ」で前に進めようとする孫さんのやり方は大好き。いいですやん、リーンスタートアップみたいで。改善しながらより良くしていきましょ。
あ、今気づいた。この特集の目次が変わってる。少なくとも数日前にはソフトバンクのスポナビライブはわからなかったはず。
何度も繰り返してきたとおり、Netflixの上陸によって直接的に競合するのは、地上波テレビよりもWOWOWやスカパーなどの課金型テレビ。
地上波テレビはなんとなく見ているかもしれないために視聴態度で競合しにくいけど、スカパーの契約者は◯◯が見たいからスカパー契約してる人は多いはずだから、モロに客を奪ってしまう。
まさかソフトバンクに横から来るとは思わなかったけど。
プレミアもNBAも3倍に跳ね上がりました。ともに3年換算で1兆円くらい。しかも国内分。Jリーグは5年前フラットで契約。次の更新が今年です。この5年で世の中どれだけ変わったでしょう?次の5年でどれだけ変わるでしょう?
この連載について
今、テレビの世界、特にドラマの世界が大きく変わりつつある。フジテレビ、フールー、日本テレビ、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)などのキーパーソンへの取材を通して、テレビ・動画の制作と流通とビジネスの「次」のかたちを考える。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.98 兆円

業績