新着Pick
149Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
思考停止しているとしか思えない。高野連が呪文のように唱えている地域や私学/公立の戦力差をなくしたいのであれば、甲子園でバンバン放映権料稼いで、全国の公立校に配分すれば良い。米国のカレッジスポーツではどれほどの巨額が動いていることか。それでも選手は一切お金をもらわず、コーチ陣や練習環境充実に活かすことで満足している。
日本はなんでお金を稼ぐことを悪と教育してしまうんですかね?その意味においての教育効果は絶大です。
お金を出してくれる人がいるコンテンツは、きちんとそこからお金を受け取って、労働者(高校球児)に還元するのが正しいと思っちゃいますが。
八田会長のメッセージは「高校野球を変えたければみんなの世論で各当事者にプレッシャーをかけて考えを改めさせて下さい。」ということかな。
八田会長の見解については、高橋さんのおっしゃってくれている通りです。古い組織なので一気に変えることは難しいので、徐々に(でもスピーディーに)やっていくしかないのかな、と。

私事で、現在ベネズエラ野球を取材中なのですが、この国には日本とは異なる高校世代の野球が広がっています。16歳でメジャーリーグと契約することを目指し、働いて対価を得ることをモチベーションとしながら、勉強もしながら(野球だけではダメだとコーチが口を酸っぱくして言っています。勉強は野球向上にもプラスに働く)、大金とメジャーリーグという夢を両方を同時に目指して少年たちは健全に努力しています。教育とビジネスの分離という考え方は、日本独特なのかな。もう少し旅を続けて、感じたことを改めてまとめたいと思います。
甲子園の放映権とスポンサーの件は党のスポーツビジネス小委員会で取り上げたいと考えています。あれだけの注目度ある大会で収入は8億とのこと
提案の通り、収入を学生の環境整備に使えばよい。
過去はどんな提案にも耳を傾けなかったと思います。会長は高野連を守るためだけに頑な姿勢を取っているのではなくて、提案が盛り上がって来るのを扉を開けて待っている。それなのに、高野連アレルギーを表現したり、彼らを批判したりするのは不毛なことなのではないでしょうか。
手前みそになりますけど、おそらく会長に就任してから我々が初めてじゃないでしょうか。意見を言いに取材に来たインタビュアーは。この実現には影で動いてくれた人がたくさんいたからできたことではありますが、みんなで提案をしていければと思います。

大会日程を緩和するためには、子供たちの身体、人生を守るためには、お金が必要になります。どうかお金を捻出する方法をお考えください。
高野連解体を望む
NHKが放映権料を払うのはいい案だが、プロ野球球団がお金を出すのはどうかな。
プロ野球でさえほとんど地上波で放送していないのに、全試合放送ですもん。
もちろんプロとアマの難しい関係性があって厳しいだろうけど。

高校生はプロを目指しているわけで、実質高校が育成機関となっている。
だったら、大会運営費を負担したっていい。

そもそもそんなに盛り上げることに反対ですが。
高校スポーツは育成に特化すべきで、過度なショーアップは排除すべき。
大人になって競技を続けられないほどの過酷な練習が生まれてしまうのは、熾烈な競争ゆえのもの。
大人数の生徒がいれば、指導者は才能を伸ばすよりもふるいにかけることにプライオリティをおく。

ま、高校サッカーも一緒。
スポーツじゃない。極めて限られた未来のために、全員が同じ方向を向いて我慢に我慢を重ねるのは、まるで北朝鮮のマスゲーム。
ここまで来ると高校野球も新しい形に変わっていく必要もなきにしもあらずです。
あとは収益性を出した後に、そのお金をどのように使うのか、または目的が明確でなければ集める意味もありません。
単にNHKに払ってもらい補填してもらうのでは意味が違います。
ただ、この高校野球は万人が見る球技でもいいありますので何らかしら合理的な対策が(^O^)あるはずです。
Jリーグにおけるスカパーさんも、全試合放映する約束をしつつ、Jリーグに放映権料を払ってくれています。
この放映権料はJリーグを通じて各クラブに還元されていることからすれば、今回の提案は同じ仕組みの提案ということになりますね。
この連載について
高校野球は今年、100周年を迎える。日本の「夏の風物詩」をさまざまな角度から切り取りながら、その功罪を検証する。