新着Pick
149Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまでのインタビューでは思い込みというのが邪魔していて、皆さんの中に「高校野球連盟は聞く耳を持たない老害な組織だ」と感じているフシがあったように思います。今回でそれが取り払われたのではないでしょうか。一定の姿勢を保ち、その上で聞く耳を持っていらっしゃる。八田会長の器の大きさ、今後への期待を抱かざるを得ません。

僕が提案したことが正しいとは思っていません。ただ、いろんな方々のアシストがあって取材現場を踏ませていただき、たくさんの出会いを頂戴してきたものとして感じてきたことはあります。僕が良かれと思って「高校野球のスター」と報じてきた選手の中には、潰れていった選手、人として崩れていった選手、たくさん見てきました。なかには事件を起こして逮捕された選手もいます。それは何かといった要因を高校野球の風潮の中に感じることがあったので、それをぶつけさせていただきました。

勝利至上主義の緩和は決して「勝たなくてよい」ということではありません。試合が始まったら勝つのを目指すのがスポーツです。しかし、それ以前に行きすぎているところがあるのでそこを緩和してあげることで、今ある様々な問題が解決に向かうのではないかと感じています。

こちらで取り上げている指導者はそのことを意識されて取り組んでいると思います。
https://newspicks.com/user/9229/
高校野球の中にある教育的な側面を大事にするのではなく、今の高校野球そのものに対して盲目的に「教育」だと名付けているように感じました。
>それは自然淘汰(とうた)されていくような感じがするんですけどね。そういう野球部の運営をしているところがあると、必ず批判の目がいくと思います。

いや、淘汰されて行かないでしょう。むしろ、野球名門校として扱われるのでは?スター選手が育って活躍すれば、学校の名前が広がって生徒も集まるし、高校野球ファンにも覚えてもらえます。良いことずくめでは?

また、高校で習うことなんて所詮大学受験の勉強で、実社会で何の役にも立たない。野球を通してしっかりと人の気持ちが分かる人間になった方がテストで高い点数を取るけど他人を蹴落とすことしか考えていない人間になるよりはだいぶマシでしょ。
前回の記事の「教育の一環」は確かに良くわかりませんでしたが、今回の記事ではむしろ八田会長の方がバランスがとれた受け答えのように感じました。会長に個別事例を当てて「だから、こうしましょう」は厳しい。もう少し裏付けあるデータを示せないと、思いつきの域を出ないのではないでしょうか。センバツの選抜は、会長の指摘されているようにフェアでないという意見が出ることは容易に想定されます。オリンピックのマラソン選考のようになりそうです。
(追記)
書いてる途中に、氏原さんがコメントされていましました。やはり、勝ちにこだわること自体は悪いことではないですよね。勝利至上主義という、それの行き過ぎた形が良くないと。その意味では、元コメントでは、勝利至上主義という言葉の受け取り方が若干違っていたかもしれません。

(元コメント)
今回はインタビュアーの思いが強すぎて(再構成の影響もあるとは思いますが)、途中のロジックがよく分かりませんでした。
大会の日程を緩めて選手の身体への負荷軽減を目指すことは、勝利至上主義の撲滅とは繋がらないですよね?選手の身体への負担がかからないルールのもと、貪欲に勝ちを目指すのが正しいんじゃないかと思います。選手の身体に負荷のかかる日程などの制度は否定しても、負けても構わない試合を作るのは肯定すべきではないように思います。
そもそも個人的には、ルールの許す範囲で勝利を追い求めるのは当然だと思うので、例えば見えちゃう情報を仲間に伝達するのは、そんなに悪いこととは思わないです。これは野球未経験からくるトンデモ意見ですかね。ベンチからのサインはみんなに見えてて問題なくて、バッテリー間のサインは見られると困るというのが、実はいまいち分かってません。

タイブレークは賛成です。バレーボールもラリーポイント制への移行は、当初結構否定的だったと思うのですが、それはそれで別の駆け引きがあります。始めてしまえばまた別の楽しみになる気がします。
高校野球は興行という側面が大きいから、こんな事出来るわけない。なんか建前のきれい事と絵空事ばかりで気分悪くなる内容。
教育の一環としての高校野球という考え方自体は否定しませんが、指導者の考える教育の概念や理念に幅がありすぎる気はします。
譲れないコアの部分は何なのか、そこがもう少し明確になれば、それ以外の部分はもう少し柔軟な施策が取り入れられるのではないかと思いました。
センバツの開催をやめるという発想は僕になかったので、聞いた時は衝撃を受けました。何のために高校野球があるのか、という原点からみんなで問い直す必要があると感じています。
この連載について
高校野球は今年、100周年を迎える。日本の「夏の風物詩」をさまざまな角度から切り取りながら、その功罪を検証する。