新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ゲームクリエイターを目指す小学生向け」と書かれているので、「優秀なプログラミング人材」というのは、素養としてのプログラミングを身につけた人材ではなく、「優秀なプログラマー人材」と言い換えられそうです。

6ヶ月30万円の学習支援というのも魅力的ですが、それよりも同社CTOによる特別講義や、会社見学ができる「1日子どもCTO」などの体験機会との組み合わせが良いですね。プログラミングを続けたら、どのような世界が拓けるか、どのような選択肢が存在するのか、自分の目で小さなうちから確認できることはとても良いことと思います。

プログラミングを通じて、子どもたちの潜在的な関心や能力を引き出せる機会に繋がる可能性もあります。引き出せたところで、「私はゲームクリエイターになりたいのではない」と気づくこともあると思います。笑

今回のように、「プログラミング」を学ぶということを目的とせず、ゲームという子どもたちにとっては身近なことからComputer Scienceの領域に入るというのは今後も多く目にしそうです。
こりゃいいね。
子どもにきっかけを与えるという意味では、RPGツクールやマリオメーカーの意義も大きいですよね。きっかけを用意することは重要だと思います。何気ない楽しみの延長から本気で打ち込めることが見つかれば幸せ。また、線引をしっかりする必要はあるものの、動画プラットフォームなど気軽に発信できる環境もそろってきています。発掘効果にも期待。
ぼくが子どもだったら必ず手を挙げるであろう施策。優れたプログラミング人材を生むことは、IT企業・ゲーム企業にとって重要なことだし、社会的な意義もあります。
ただ、ぼくがもっと期待するのは、ゲーム開発現場を見られたり、クリエイターのレクチャーが受けられたりする点。若いうちにホンモノを知ることは、プログラミングというスキルを得るより値打ちがあります。
さらに、ゲーム作りには、プログラミング以上に、着想、構想、ストーリーなどアナログな世界観が大事。そこをプロが子どもに伝えてくださるといいですね。
いい取り組みですね。そのような子が応募してきて採用されるのか楽しみエス。スターが誕生すると更に面白そう。
ライフイズテックの兄弟会社であるCA Tech Kidsの奨学金のニュースじゃなイカ!絶対にみんな応募してほしいでゲソ\(^o^)/
プログラマーとかゲームクリエイターになりたい人はもちろんでゲソが、ITが好き、ものづくりが好き、新しいことをやってみたいetc、最初の動機はどんなことでもいいと思うんでゲソ。
でも、絶対にやってみたら楽しいし、自分なりにやりたいことが出てくるし、いろんな人の話を聞いて世界が広がってくるはずでゲソ。
これが21世紀型のforward learningの楽しさなんじゃなイカ!小難しいことや理由づけはあとでいいから、まずは応募してみてほしいでゲソ!
昔は日本の財閥系のような大企業が担っていた人を育てる役割をネット企業が担う時代が来たのだな。感慨深い
株式会社サイバーエージェント(英称:CyberAgent, Inc.)は、Ameba(アメーバブログ)関連事業とインターネット広告事業を主とする企業である。本社は東京都渋谷区に所在。 ウィキペディア
時価総額
7,497 億円

業績