新着Pick
352Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昔「チームラボの作品はオレが売る!」とか豪語してたのに、ぼやぼやしてたら世界中で勝手に有名になったので、出番なくなった〜!
先日、こちらのteamLabの個展を見に行ってきましたが、没入感を存分に味わいました。周囲の人々も随分と楽しんでいるようでしたし。ふと横を見ると、ガイカワサキがバシャバシャと写真を撮っていましたね。
お堅いアートというよりはアトラクションといった雰囲気でしたが、こんな遊び場が常設されていたら楽しいでしょうね。

http://www.pacegallery.com/arttechnology/exhibitions/12781/living-digital-space-and-future-parks
昨日はコメントしそびれましたがこの二人の対談、ぶっ飛んでてめちゃくちゃ面白い
しかし、遊園地とは「人間の世界を拡張させるもの」であり、今の遊園地は産業革命=機械革命の時代の象徴なので乗り物主体という捉え方は、すごい視点ですが、言われてみれば納得。
それを今の時代に当てはめるなら、デジタルだし人とのつながり方の拡張がフロンティアということなんですね
もうアプリとかじゃなくて、ぶっ飛んだ21世紀型遊園地を創ってほしいですね。子供も大人もおじいちゃんおばあちゃんも楽しめるような。それこそGoogleとは別にチームラボSidewalk Labsなんてのもありだと思った。
遊園地は体験したい、限界集落とホテルも実際に事業としてやってもらいたい、どう考えても面白くなるに違いない、そんな風に思わされる記事です。

なぜそんな風に思わされるのでしょう。

この記事のポイントは、やはり仕事は、「人」でしかないということではないでしょうか。

確かにアイディアや行動力、実行力そういうものも大事です、それがないと話にはならないでしょうが、

この対談の最初の記事の流れから考えても、

この人を応援したい、この人と一緒に仕事をしたい、この人に仕事を任せたい、

そう思われるような人間性が1番必要と言えるのではないでしょうか。

この人なら、赤字になっても回収できるだろうっていう気持ちもですが、

この人ならたとえ赤字になって回収できなくてもいいや、

そう思わせるくらいの人間性、信用、その信用がお金を出してもらえる、リスクをこっちがとるからやってと言われることにつながっているのです。

亀山さんが「カネはオレが出す」、「チームラボの作品はオレが売る!」と言うのも、きっと人間性に惚れたからでしょう。

恋愛で、好きになった人のためなら何でもやってあげたい、そんな気持ちになったことがあるはずです。
惚れられるような人になること、人間性を磨くことではないでしょうか。

思考力や想像力、考え方も学べますが、猪子さんの人間性を学ぶことにも大きな価値がある記事と言えるでしょう。
おれ広報か笑
お二方が仰られているように、チームラボの遊園地もDMM.make AKIBAも儲からないかもしれません。しかし、デジタルを駆使した共創の遊園地をつくってしまったり、秋葉原をモノづくりの聖地にしてしまったり、社会に与えている意義は大きい。両方を見に行きましたが、両者に共通しているのは、人と人が繋がる役割として機能していたことにも驚きました。時代に合っていますね。収益以上の価値が創造された空間です!
どんどん都心に人が集中する傾向にあるので、是非猪子さんプロデュースの限界集落をやってみて、人が何に惹かれて移動するのかの本質を見てみたい。
本来的には、今の世の中、ネット環境と宅配関係さえ揃っていれば、そんなに都心に縛られなくていい方向に進んでいるんだと思うのに、逆向きなのはなんでだろう。
チームラボってネット業界では受託開発の会社に見えてると思う。ちょっと違ったのは、あの会社の社長変わってるよね、というところ。
だから遊園地ができた時はホントにビックリした。というか誇らしかった。ああ、そういう事だったのかと妙に納得したなあ。
↓ 合わせて読み直すとさらに面白いです。

チームラボ猪子寿之の言葉を“翻訳”して、実質ビジネスを回す男
https://m.newspicks.com/news/1240393/

「営業」がいないチームラボ。どうやって売るのか
https://m.newspicks.com/news/1241212/

猪子氏に採用権限ナシ。尖っている人ばかりでは会社は動かない
https://m.newspicks.com/news/1242814/
この連載について
DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく対談企画。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
779 億円

業績