新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

102Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
『過去は多くの人がテレビを見てくれた、だから成功の時代だった。翻って今は、テレビ離れが深刻で危機だ。だから何とかしないといけない』

NPでこの「テレビの次」特集をしてくれていることで、ふと思ったのが上記のことで、

「そもそもテレビを昔みたいに人気者しないといけない、という発想自体が間違いなのではないか?」

ということです。昔が異常で、今が本当の実力値。昔は他に選択肢がなかったので、身近にあったテレビがただ無意識的に選ばれていただけで、昔からインターネットがあれば、昔も実はそこまで流行らなかったのでは?と。

そうすると、テレビの攻め方・展開方法も変わってくるかもしれませんね。
明るい可能性について前向きな議論をするのは大変に良いことだと思いますが、悪しき業界慣習(下請け会社のマナーの悪さ、芸能プロダクションや大手代理店との密着構造などetc.)のようなところに内部から改善提案を持ち込んで切り込まないようではまだまだ、テレビの未来は遠いのかなという印象です。

先日の某有名男性アイドルグループの「公開処刑」とまで言われた引退騒ぎの茶番劇番組は多くの思慮深い大人が「子供に見せたく無いコンテンツ」であったとフェイスブックなどの実名SNSで公言しています。

同じく、デザイン業界で言えば「コンペの審査員と受賞者が同一」問題など、自動車業界で言えば…などきりがありませんが、News Picsさんの特集でも「クライアントサービス」&「大手メディアへの迎合」っぽくならない鋭い切り口を期待したいです。
広告産業として考えると、若年層へのリーチはテレビでは充分ではない、という見方はずいぶん広がった。
代理店と広告主は理解して手を打てていると思うが、肝心の放送局はターゲットを高齢者に設定するのか、全世代をターゲットにするのか。まだ迷っているように感じる。
電通・奥律哉さんの分析。テレビ広告は堅調だが若者のテレビ離れのため今後は危うく対策が必要、という見方はこの業界の識者を代表している。これに対し電通がどう動くかがカギを握ると思います。
若者層対策を打たなければだめ。そのくらい考えているだろう。問題は人口が先細りなこと。単価上げなきゃ収益も先細り。だからカジノとかいう話が出てくるのだろうが、映像でどう儲けるか、もっと大胆な戦略がテレビに合っていい。SVODとどう組むか、とか。下請けになっちゃダメ。
人は年を取る。サービスやビジネスも、若者を獲得し続けないと年を取る。ファッションブランドの高齢化と同じ。どこかで大胆な若返りが必要。ファッションブランドならトップデザイナーの入れ替え。
さすが奥さんの記事は説得力がある。お金払ってでも読む価値あります。
現在ハリウッドでは映画館で見る映画やテレビで見るテレビ番組を作っていることに拘れなくなっている。コンテンツを作っていることを意識しているようになっている。視聴者がどれぐらい大きなスクリーンで見るかを決める。作る方としては仕事がほぼ同じだ。総視聴時間量が増えてるからもっとコンテンツが必要になってきてるからクリエイターとしてはこれからたくさんのチャンスがある。

Currently in Hollywood the thought of making a movie to play in theaters or a TV show to watch on TV is slipping away. They are more along the lines of seeing themselves as content creators. The viewer decides the size of the screen they will watch the content on. From the perspective of the creator the process is basically the same. With total media consumption time on the rise there is a growing need for content, which means even more chance for creators.
バブルを謳歌し、子作りもせず、逆三角形の人口ピラミッドを築き上げた世代の一人勝ち。もうどうしようもない。。
この連載について
今、テレビの世界、特にドラマの世界が大きく変わりつつある。フジテレビ、フールー、日本テレビ、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)などのキーパーソンへの取材を通して、テレビ・動画の制作と流通とビジネスの「次」のかたちを考える。