若者層対策こそ、「テレビの未来」にとって最重要テーマだ

2016/3/7
近年、「テレビ離れ」という言葉が、頻繁にメディアで叫ばれている。テレビ離れは、どの程度進んでいるのだろうか、今後、どれくらい進むのだろうか、そして、CMビジネスはどう変化するのだろうか。本テーマについて、電通・電通総研メディアイノベーションラボ統括責任者の奥律哉氏による寄稿を掲載する。  
「テレビ離れ」の2つの要素
近年、「テレビ離れ」という言葉が頻繁にメディアで叫ばれている。
テレビ離れは、どの程度進んでいるのだろうか、今後、どれくらい進むのだろうか、そして、CMビジネスはどう変化するのだろうか。
そもそも、“テレビ離れ”には、2つの要素がある。