猪子に出会ったから、自分は今のキャラになった

2016/3/7
「DMMはすげえ」と思った理由
亀山 今回からNewsPicksで、「徹子の部屋」ならぬ「亀っちの部屋」という連載を始めることになったんだよ。俺はゲストに綾瀬はるかを呼べって言ったんだけど。
猪子 綾瀬はるかは呼べず、気軽に呼びやすい僕を呼んだってわけですね。
亀山 いや、そんなことはない(笑)。栄えある第1回のゲストだよ。
猪子 何なの、ほんと、失礼極まりない。人はおカネを持てば持つほど、失礼になるっていう論文があるんだから(参考:TEDポール・ピフ: お金が人を嫌なヤツにする?)。
亀山 でも、おカネがなくても、遅刻ばっかりするやつもいる。
猪子 いや、それはおカネと関係ないし、僕は生まれたときからだし(笑)。
亀山 ところで俺と猪子が最初にかかわりを持ったのは、IVS(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット)だったよね。
猪子 たしか僕が講演したときですよ。もうずいぶん前じゃないですか。
亀山 北海道で開催したときかな。4年ぐらい前だね。それまで俺はベンチャー経営者とのつきあいなんか全然ない引きこもりで、それが初めてIVSに出たものだから、俺一人スーツ姿で、誰と話せばいいんだろうとオドオドしていた(笑)。
猪子 それで講演が終わったあとに、何人かが名刺交換してくださるじゃないですか。その中に亀山さんもいて、名刺を見たらDMM。
僕は以前からDMMはすげえと思ってたんですよ。なぜかというと僕は、ウェブサービスの会社というのは、理論上はやがて、すべてなくなると思っているんですね。たぶんグローバル・ワンサービスみたいになっていくと思うんだよね。
10年ぐらいのスパンで見ても、やっぱりそういう方向にいってる。それにしては理論上なくなるはずの「Yahoo! JAPAN」なんかがまだ儲かっているんだけど。
亀山 理論どおりいってないじゃないか(笑)。