新着Pick
112Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
一人っ子政策に伴った今後の人口動態を勘案すればまず無理でしょう。無論、公表数値をいじって来るかもしれませんが。
全人代開幕。2016年の成長率が6.5~7.0%(2015年実績は6.9%)、2020年までの5か年計画計画が年平均6.5%以上。今回は第13次5か年計画が決議されるが、下記SPEEDA総研①も参照。
②でコメントしたように、日本は軽工業→重工業→電子機器・自動車へとうまくシフトして成長できた。それでも平均成長率はフェーズごとに下がっている。③は2014年の記事だが、政府系シンクタンクの一つが、2017年には成長率が5%にまで下がる可能性を示唆している。そもそもの数値の信ぴょう性もあるが、これのほうが現実的とは思う。
https://newspicks.com/news/1239490
https://newspicks.com/news/1350795?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/448578?ref=user_100438
※別記事からコメント転載
中央政府にとっては、GDPの伸び率よりも中身の方が問題でしょうね。
どうやって政府支出や低付加価値の製造業の比率を下げて、民間×高付加価値製造業&サービス業に転換していくか。
鄧小平が作り出した開発区に匹敵するような、今の時代に求められる仕組みを作れるか。
朱鎔基がやったような国営企業改革がやりきれるか。
とても舵取りの難しい時期だと思います。
中国の経済成長率目標というのは、「政策を調整して6.5%以上にする」という意味です。公共投資、財政政策、資本政策、市場介入政策などなんでもやります。そういう意味では中国はまだ計画経済です。我々のように市場が"結果的に”2%成長になるように政策を実行するのとは少し違います。ただしどんなに政策を調整しても6%に届かないという事態はあり得ますので、その時は”静かに”目標を下げるか数字を作ると思います。
ASEANの中銀とか財務省に行くと、「日本人は中国経済の当地への影響を聞いてくるけど、うちらにとっては先を読みにくい日本経済の方が悩ましい。減速と言っても中国の成長率は高い」と言われることが結構あります。

中国の減速は予想の範囲でとっくに織り込み済みだけど、日本経済はエコノミスト予想に幅がありすぎるし、政策がよくわからない、と。英語で日本経済を調べると情報が少なく限界が多いとか。

日本経済のことを英語で客観的正確に伝えているメディアがないのだなと痛感。

ちなみに、ちょっと前の話ですが、インドネシアの当局者は、日本経済の成長率によって、インドネシアの成長率は0.2%ポイント上下するとのこと。その上下がどっちに行くかすらわからないのが悩ましいとのこと。

去年の12月にタイの当局者と話したとき、日本担当の人からかなり質問されました。
これまでは平均7%の成長目標を掲げていた中国が、一気に0.5%引き下げ。昨年も7%は切っているはずで、実質6.5%というのも高いハードルなのかもしれない。
「経済の減速を容認しながら構造改革に取り組む。米国に次ぐ第2の経済大国として、世界経済の成長に貢献できるかが問われることになる。軍備拡大は続ける。」
➡急激な減速は世界のマーケットをも混乱させます。世界第二の経済大国として、自国だけでなく、世界全体の経済発展に寄与できる改革を期待します!
中国はいろいろな悪い指標が出ている。しかし多分目標はメーキングしてしまうのでしょう。中国のデータは一つの参考でしかない。