新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「最大7,000億円での〜」と、バカ高い買収額がまるで決定してるかのような記事の書き出し。
こんなところからも、リークした関係筋がメインバンク、あるいはその系列の証券会社(FA、フィナンシャルアドバイザー)であることは明らか。

東芝メディカルシステムズの2015年3月期の営業利益は177億円。
有形固定資産と無形固定資産があわせて226億円なので、EBITDAはせいぜい200億円。
つまり、7,000億円の評価はEBITDAの35倍相当です。
上場企業の時価総額はEBITDA倍率で1桁なのが常識。35倍というのは聞いたことがない。
体感的にはビッグマック単品が1,500〜2,000円で売られてるような感じ。

有力候補と目されてる富士フイルムは、メインバンクが東芝と同じところですね。
富士フイルムがLBOスキームを使うとは思えないが、買収資金のかなりの部分はメインバンクからの借り入れが原資となるでしょう。
4,000〜5,000億円が適正とも言われる会社に(他社を介して)7,000億円も出させるというのは、その差額の2,000〜3,000億円を銀行が東芝に対して「追い貸し」するに等しい。

粉飾決算のあげく債務超過も同然の会社に対して追加で貸し出しをするのは勝手だが、事業売却の価格決定を密室での協議や胡散臭いリーク記事で歪めるようなことをせず、堂々と「今さらどうにもならないので、これだけ追い貸しします」と公言してほしい。
キヤノンは、来週、火曜日に説明会。
富士フはすッぽんのように食いついたらあきらめないらしい。。。

7000億円以上は?
富士フイルムの方が次世代の主力事業として命がけで育てる気がします。
キヤノンの方が技術的にも、製品融合的にも、シナジーは大きいと思いますが、ワン オブ ゼムになってしまう嫌いがありますね。
この手の噂は、全くあてになりません。
1台2億円くらいする最高峰のCT「320列」は世界レベル。が、ベインもKKRも日立も高過ぎて降りた感じ。欲が出ない売却を願う。
チワワさんのコメントを参考にさせていただくと、メインバンクからしたら、不良資産を優良資産に、見事に付け替えられる。わかしお銀行を存続会社にして逆さ合併した銀行ですから。でも、そこが、あの銀行の強さでもあるんですよね。
ビッグマック単品が1,500〜2,000円というのは同意するけど、東芝メディカルシステムズの財務数値をみるには、同社の有報の124ページ~のセグメント情報を見る必要があります。(https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/library/sr/sr2014/tsr2014.pdf
それによると東芝のヘルスケア・セグメント(同セグメントの主力企業は東芝メディカルシステムズとその傘下企業のみ)の2015年3月期営業利益は23,871百万円、減価償却費は9,863百万円、ということはEBITDAは33,734百万円(概算)であり、7,000億円はEBITDAの20倍となります。もちろん高すぎます。

気になるのは同社HPのセグメント情報に出ている研究開発費の381億円です(
https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/finance/segment.htm)。一部資産計上しているのではないかと思いますが、具体的な数字が見える資料がちょっと見当たりません。

すべて有価証券報告書が正しいとの前提です。
北朝鮮がある日突然どこかの国に向けてミサイルを撃つことはあり得ない。金正恩も子供じゃあるまいし損得は考えるはず。北の脅威を煽って儲かる人たちが騒いでいるだけだ。
富士フィルムとキヤノンが優勢とのこと。
ーー
東芝は4日に2次入札を締め切り、来週にも1社を選んで独占交渉に入る見通し
キヤノンメディカルシステムズ株式会社(キャノンメディカルシステムズ、CANON MEDICAL SYSTEMS CORPORATION)は、キヤノングループの医療機器メーカーである。旧社名は東芝メディカルシステムズ株式会社(とうしばメディカルシステムズ、TOSHIBA MEDICAL SYSTEMS CORPORATION)で、東芝グループに属していた。 ウィキペディア
キヤノン株式会社(読みはキャノン、英語: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
3.37 兆円

業績