新着Pick
331Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
こういうの見るの好き。
人気 Picker
最近、空間デザインとか「場の力」について科学的に研究したいなと思っています。オフィスをみるとその会社が何を大事にしているかよくわかるんですよね。変革屋をやっていると、会議の場に机があるかないかだけで心理的な状況が変わるのが手にとるようにわかるので。
先日、Airbnbの本社を訪問してきた。1階のフロアだけが写真撮影OKで、他のフロアはNGだったので、ここに出ているような写真は撮らせてもらえなかったが、正にこのような感じ。
各フロアを案内してもらったが、その中でやはり印象的だったのが、社是の「暮らすように旅しよう」を具現化したミーティングルームで、それぞれに世界中の都市の名前が付いていて、Airbnbにリストされている各都市の代表的な部屋が再現されていた。
実際にミーティングに使ったのは「上海」という部屋だったが、「東京」はないのかと聞いた所、残念ながらまだない、いつかは作りたいという回答だった。Airbnbが合法化されていない日本の現状では仕方がないが。
それともうひとつ印象的だったのが、各所に卓球台が置いてあること。卓球をしながらクリエイティブなことを考えるそうだ。因みに、この記事の1番の写真の下の方に写っている雲のような白い塊が、卓球の球で作ったインスタレーション。
当日は、全米から1500人の従業員が集まって夕方から懇親会を開くということで、その準備で皆大忙しだったが、オフィスはすごい活気に溢れていた。2008年創業の会社が僅か7年でここまで急成長するアメリカという国の凄さを改めて実感した訪問だった。
グーグルは以前から「働く場所」に遊びを取り入れるなどの工夫をしていましたよね。
単純な事務作業がどんどん機械に取って代わられている今、社員の想像力やアイディア力が会社の財産となります。
オフィス空間の設計やデザインが将来的に大きなビジネスに発展する可能性があるような気がします。
日本だとジュリアナ東京の跡地にあるTBWA HAKUHODOのオフィスは行くと、お立ち台もそのまま、ステキな家具もいっぱいでクリエイティビティいっぱい。スノーピークのオフィスは丘の上のキャンプ場の中にあって、緑いっぱいで、中は広々、全部フリーアドレスで昨日とは違う人の隣に座らないといけない決まりとか。どちらも、アイデアがたくさんわきそうな、オフィスでした。
ビッグデータで人同士がどのように交流し、成果に結びついているか定量的に分析できるようになってきているようだから、こうしたオフィスが見た目通りクリエイティブなのか調べてほしい。
さすがにこの3つほどではないですが、最近同志社にできたラーニングコモンズは4位に入ってもいいレベル。笑
ニューズピックスのオフィスもいい。座り心地の良い椅子もある。あとは寝心地の良いベッドがほしい。ビーズクッションでは熟睡できないので(熟睡する気か)。
受付はカッコいいが、中はそうでもないアメリカのエンタメ企業も多い。
人材惹きつけ、企業ブランディング、クリエイティビティ、話題作り、、ほんと岡村さんの言う通り投資対効果はどうなんだろうか。

事業や会社の目指す方向次第というのはあるんだろうけど。
なんか綺麗すぎて落ち着かない。。
Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。 ウィキペディア